国士無双、そして逆転優勝

3月の15日に恒例の麻雀の会に参加しました。

小生の前半戦の成績は相変わらずのA,B,C,Dの4グループのBでした。
最終回、配牌が悪くて国士無双を決断しました。
發まちで聴牌しましたが2配出ていてなかなか上がれず。
心配していた時に対面より出て上がりました。
その後は急に配牌が良くなり上りだして+71で終わり。全体の合計でトップになりました。

麻雀は人生と同じで、色々な制約の中で岐路に立ち決断する。
大学も、慶応大学の工学部は小金井なので自転車で通える為、早稲田と迷いました。
5月の例会(100回大会)を楽しみにしています。

島崎幸男(記)

 

麻雀同好会 第99回 (2018年3月15日)

麻雀同好会 第99回

平成13年に原則隔月開催で始まった麻雀大会も今回で99回、次回は節目の100回目を迎えます。
99回は3月15日(木)11時から、ホームグラウンドの三千院で開催されました。
参加者は青木、岩田(西東京)、北川、坂本、清水、島崎、舘、千原、中山、野部、廣田、松永(東村山)、水落、山口、山賀と前回優勝の廣田夫人の16名で、常連の日置は体調管理途上でレフリー役でした。

ビル3階の会場4卓にて熱戦を展開し、競技は半チャン5回戦で、1回1回の成績順に卓を入れ替え、5回戦目は上位者同士の潰し合いで、トータルの点数により成績が決まります。
今回の優勝は島崎さんで、最終コーナー7位、4万点余のビハインドを国士無双などで7万1千点を稼ぎだし、劇的な逆転でした。準優勝は坂本、3位は岩田、BBは廣田夫人でした。
前回、最終コーナーで上位4人で優勝を争った清水・野部・廣田夫人(他は日置)は、今回はどん尻の卓で栄えあるBBを競うことになり、皮肉な巡り合わせでした。
麻雀はツキ、運半分、技術半分と云われていますが、誰にでもチャンスがあり、ここは将に戦国時代の様相です。
大会終了後は、廣田、青木、岩田、清水で駅前ビルの居酒屋“庄や”で一杯!和やかに反省会をしました。

国分寺稲門会100回記念麻雀大会は平成30年5月13日(日)11時より三千院にて開催されます。大会終了後は中華料理・龍栄に席を移し、記念パーティを盛大に行う予定です。
同好会会員の皆様、記念大会、パーティを盛大に祝い、楽しい時間を共有致しましょう!追って幹事より詳細をご案内致します・是非ご参加下さい。

なお定例大会とは別に近隣6市稲門会の麻雀大会が年2回開催され、次回は平成30年8月19日(日)です。

(廣田 廣)

 

カラオケ同好会 3月例会(3月2日)

カラオケ同好会 3月例会

3月例会が3月2日(金)、13時から19時、シダックス恋ヶ窪で開催されました。

参加者は国分寺16名に、東村山松永/田口さん、小金井伊藤さん、三田会染谷さんの20名でした今年は世界的な異常気象とか、東京も記録的な寒さが続き、北国の積雪量も驚異的で、またホワイトアウトの危険など異常ぶりが報じられています。我々カラオケ会員も前・後期高齢者が多く、緊急入院、インフルエンザ罹患など厳しいシーズンでした。今日も急な欠席者もあり、まだまだ油断怠らず、予防・注意しましょう。

会は先ず、今月の誕生日の中山斌雄さんに、いつものバースデイケーキ/シャンパンにHappy Birthdayの合唱でお祝し、プレゼントはご要望のお菓子を贈りました。なお登録カラオケ会員40人の内、3月、4月の誕生日は2人、9月は1人、5月は7人、11月は5人と何故か、月毎に相当異なります。日本の統計では如何?続いて2月のバレンタインチョコのお返しとして、参加者から伊藤さん、大橋夫人宛、吉田さんにホワイトチョコに雛あられをお贈りしました。あと、今月の歌早春賦」、「朧月夜」、「仰げば尊し」、「この街で」に続き、明日の雛祭りを想い「うれしい雛祭り」を合唱し、107号と108号室に分かれてカラオケを楽しみました。

歌は相変わらず・懐かしのオールドソング、不倫願望?の演歌、昔の元気を想いお越しての軍歌、夫々の愛唱歌、得意の歌のオンパレードでした。そして伊藤、吉田さんとのデュエットで盛り上がり、5時過ぎには108号室も大部屋に合流し、久保田、北川、江連の歌など、ハイレベルのカラオケ大会になりました。フィナーレには7人が残り、校歌「都の西北」を声高らかに合唱し、中山さんのエールでお開きとなりました

ところで、カラオケの発明者は日本人です、ご存じでしたか、関西で1971年にバンドマンだった井上大祐氏によって発明され、世界に普及している、世界に誇れる文化的な遺産・業績です。カラオケの健康面の効用は大きなものがあり、歌詞を見て、文字を判断して、感情をいれ、想いを巡し、メロディーとリズムに合わせて大きな声で歌うことは血圧安定、ストレス解消、脳認知症予防・老化防止に繋がります

我々にはうってつけの効能のようで、何よりも校友・愛好仲間との懇親の意味は大きく、是非月1回の好機!一緒に歌いましょう!

(寄稿:清水 元、 投稿:江連孝雄)

第7回 六地区稲門会合同麻雀大会(2月18日)

第7回 六地区稲門会合同麻雀大会

国分寺・小平・東村山・西東京・立川・小金井から、
今回も各チーム6人が揃い36、9卓満卓で戦いました。

  平成30年2月18日(日)11時より 国分寺・三千院にて、

今回は終始、立川が優勢で個人・チーム共に優勝しました。
成績上位チーム、立川・小平は6人中5人がプラスの成績でしたが、
下位チーム、国分寺・小金井は1人のみプラスという結果でした。
そんな中で小金井の小島氏が役満賞(親の四暗刻)を獲得し花を咲かせました。
懇親会は国分寺3名、小平3名、東村山5名、西東京2名、小金井5名計18名
が参加し、親睦を深めました。

次回開催は平成30年8月19日(日)です。

団体:1 立川 2 小平 3 西東京 4 東村山 5 国分寺 6 小金井
個人:1位 堀田(立川) 2位佐々木(東村山) 3位岩田(西東京)

    廣田 廣(記)

 

ボーリング同好会(2018年2月12日(月))

すっかり春めいて来ました。
零下の気温でやられた、我が家の植物は沢山ありますが
また心機一転、新たな挑戦をします。
椿は咲き始めました。
今日も、遁所夫妻が頑張りました。
真美さんは右のレーンに移動。視界が開けたそうです。

    Ave. T 1G 2G 3G
遁所 剛 135.0 405 137 134 134
岩崎 明 123.3 370 114 133 123
増本千明 121.0 363 126 108 129
良太 105.7 317 111 97 109
遁所真美 98.3 295 93 86 116
遁所理久 75.7 227 80 66 81

 

遁所さんは、安定したボーリングで、トップになりました。スペアの取り方がきれいでした。
岩崎は、少し疲れがたまっているのか、各ゲームとも出足が悪く、追いつけませんでした。
増本さんは、旅の疲れもなく、自分ではまずまずと言っていました。
良太君は、100を超えるのが普通になりました。今後の成長株。
遁所真美さんは、右のレーンで投げたら、真剣になり、これまでより安定しました。今後が楽しみです。
理久君は、今日も元気一杯。スペアが取れた時の喜びようは、周りをも楽しくさせます。

まだまだインフルエンザには注意しましょう。

次回は  2月24日(土) に予定して下さい。
8時スタートです。前日は早く寝ましょう。

今後の予定  会場の都合 (全館貸し切り)で変化することがあります。

3/?

 

 

カラオケ同好会2月例会 (2018年2月2日)

カラオケ同好会 2月例会

早いもので正月が過ぎ、2月例会が2月2日(金)、13時から19時、シダックス恋ヶ窪で開催された。

今年は世界的な異常気象で東京も2週続けての積雪、今日も大雪が危ぶまれたが、11時には雪も止み無事開催することが出来た。米寿越えの大先輩3人は大事をとり欠席され、参加者は俳句界の第一人者安斎篤さんが初めて参加し、当会会員18名に府中の大野さん、小金井の伊藤さん、三田会から染谷、吉村両氏の22名でした。

先ず、バレンタインデイに因み、恒例の参加女性陣の伊藤、欠席の大橋夫人代理忠弘旦那、吉田よりバレンタインチョコが全員に配られ、抽選で3人から特別大きなチョコが中山、北川、中村に贈られた。“義理チョコはダメ”などと大手チョコメーカーが逆PRしているようですが、義理と人情の微笑ましいセレモニーでした。

誕生日は野部明敬さんが目出度く傘寿を迎え、安藤康雄は喜寿、伊藤佳子女史も本日2日が誕生日で○寿、いつものバースデイケーキ/シャンパンにHappy Birthdayの合唱でお祝し、プレゼントを贈り、傘寿のお祝いはご本人の希望でWATERMANのBall Penと皆の寄せ書き・色紙を贈呈した。尚もう一人久保田一輝さんは仕事の関係でいつも通り5時近くに参加され、改めてセレモニーをしてお祝いをした。あと今月の歌「ペチカ」、「新雪」、「カチューシャ」と「この街で」を合唱し、107号と108号室(今月から106→108)に分かれてカラオケを楽しんだ。

初参加の安斎さんも「風雪流れ旅」など得意のノドを披露され、107号室は中村が口火を切り、黒川さんの懐かしのオールドソング、田中、原、安藤、中山、青木、大橋、舘などに吉村、そして伊藤、吉田とのデュットで盛り上がり、野部さんの「と・も・子」の語り・歌は大いに喝采を浴び、一方108号室では江連、北川、小林、吉松、染谷など夫々歌い熟した得意の歌を歌い上げた。皆さん流石に歌好きのメンバーで、多士済々である。5時過ぎには108号室も大部屋に合流し、久保田の得意のパフォーマンス、北川の外国の歌、江連の正統歌唱など改めてカラオケ大会となった。

当会の特長・“一つの曲を歌いたい人が分担して歌う”は、1人数曲以上歌うことができ、大声を出し、エネルギーを発散、大いに心身のリフレッシュになること請け合いである。フィナーレには10人が残り{今日の日はさようなら}と「紺碧の空」を声高らかに合唱し、原さんのエールでお開きとなった。

趣味は何ですか?と聞かれ、「何もない」と答える人は生きがいがないのかなと思われてしまいます。同じ趣味・カラオケで交流し、楽しい時間を共有し、過ごすことは大変有意義なことで、昼からの半日稲門の絆で集い、大いに楽しみましょう。いずれにしても、特にシニア人生では“きょういく”(今日行くところがある)、“きょうよう”(今日用事がある)がキイイシューとのこと、その意味で充実した1日でありました。  (清水 元 記)                    

 

 

国分寺句会新年会 (2018年1月20日(土))

1月20日(土)今年の初句会が12時半から本多公民館で開かれました。
本句会が第一回の句会を開いたのは平成26年の11月。今回は4度目の新年となりました。
穏やかな冬晴の当日、集まった句友は講師の細見逍子先生を含めて13名、欠席投句が1名、合計14名と盛況。

 投句は例月通り1人3句ですが、初句会の特例として、選句は7句(講師の選句は10句)の大盤振る舞い。机の上には正月とあって、公民館一階の食堂特製の幕の内弁当、会員有志の差し入れの飲み物が並ぶ。幹事長の黒川清虚さんの音頭で、この一年の健吟を祈って乾杯。
食事のあとは、いつも通り投句・選句・講評と進み、高点句にはお年玉の天・地・人各賞が細見先生から授与されました。この日の高点句と作者は下記の通り。

天賞       島影の濃くなりゆきぬ初茜    千原 延居 (国分寺)
地賞   日溜りを独り占めして初電車    吉松 舞九 (国分寺)
人賞       去年今年八十路の瀬戸の無分別   野部 明敬 (国分寺) 

当日参加の皆さんそれぞれの高点句を一人一句として下にまとめました。

                  (吉松舞九・記)

新年句会一人一句 (天・地・人受賞者については本文参照)

悪しきこと良きことも捨つ古日記    黒川 清虚 (国分寺)  

獺祭を論じ一瓶大旦                  中村 憲一 (豊島)

いつになく多弁な友や暖炉燃ゆ      舘   爽風 (国分寺)

初東風や五臓六腑に陽をもらふ      梶原 由紀 (国分寺)

老体の心身に添ふ小豆粥             押山うた子 (武蔵村山)

七福神年々増ゆる願ひ事             佐竹茂市郎 (立川)

風花やたんの太助の城下町           内田 博司 (国分寺)

子等帰る名残りの重箱四日かな      大畠  薫  (清瀬)

増上寺鐘鳴り渡る初詣               藤木ひろみ (中野)

爺(ぢぢ)と呼ぶ愛しき寝息除夜の鐘  清水 星人 (国分寺)

神主の嬰(やや)のやは肌初ゑくぼ     細見 逍子 (清瀬)

 

ボーリング同好会(2018年1月27日(土))

雪の道があちこちに残っていて、気温の低さを感じさせます。
お湯が使えないとか、電池の性能が落ちたとか、普段は経験しないことが、突然おこります。
今日は、遁所夫妻が調子を取り戻しました。真美さんの127はこれまでの最高とか。

   氏名 Ave. T 1G 2G 3G
遁所 剛 146.3 439 141 150 148
岩崎 明 136.7 410 126 125 159
遁所真美 116.7 350 106 127 117
増本千明 105.7 317 82 92 143
増本母 91.7 275 77 84 114
遁所理久 70.3 211 65 79 67

 

遁所さんは、安定したボーリングで、トップになりましたが、AVE150は逃して残念そうでした。
岩崎は、長距離通勤の疲れか、スタートが悪かったのですが、最後にフォースで追いかけました。159が本日のハイゲームです。
黒川さんは、会場に着いたとたん不調で、本日は応援に回りました。
遁所真美さんは、3Gの全てが100点超えと調子が良かったようです。2Gはなんと岩崎を上回るスコアでした。
増本さんは、遊び疲れたそうで、1G2Gと不調でしたが、身体が温まって来た3Gはいつもの調子に戻りました。
増本さんのお母さんは、1G、2Gはイマイチでしたが、3Gは114と復活。親子で同じ傾向でした。
理久君は、今日も元気一杯。スペアが取れた時の喜びようは、周りをも楽しくさせます。

まだまだインフルエンザには注意しましょう。

次回は  2月12日(月) に予定して下さい。
8時スタートです。前日は早く寝ましょう。

今後の予定  会場の都合 (全館貸し切り) で変化することがあります。
2018年   2/12、 2/24

(記)岩崎、 (投稿)遁所真美

麻雀同好会 2018年1月例会

平成30年の目出度いオープニングは1月18日(木)、11時開始でホームグランドの国分寺南口雀荘・三千院で開催されました。1月例会は小島大先輩以下会員11名に松永(東村山)、岩田(西東京)、五十嵐、水落の賛助会員と貴重なお助けウーマンの廣田夫人の16人が参加

競技は半チャン5回戦、1回毎に各卓の順位で席替えをし、最後は上位者同士の潰し合いになり、トータルの点数によって成績が決まります。なお常連の日置さんは体調を考慮し観戦でした。
戦いは清水、岩田、原、舘がスタートダッシュよく飛び出し、4回戦を終り、清水、廣田夫人、舘、野部が上位に残り、最後の決戦は唯一の牝馬の鋭い追い上げ差し切りで、廣田夫人に女神が微笑み、栄えある優勝でした。今年も女性上位を予感する新年の幕開けでした。
おめでとうございます!
大会終了後の懇親会は廣田、原、北川、清水の4名と寂しかったが、何時ものように、居酒屋料理にボトルも1本平らげ、親睦を深めました。

次回は2月18日(日)、小金井、国分寺、小平、西東京、立川、東村山の6市の雀士合同大会です。各稲門会から6名が参加しての6市対抗戦になり、参加者は人選中です。
次回月例大会は3月15日(木開催で、5月例会は記念すべき100回目の大会として5月13日(日)に開催致す予定です。麻雀大会終了後には記念パーティを盛大に行いたく、会員の皆様奮ってご参加頂きたくお願い致します。

平成13年に始まった麻雀大会も、いよいよ100回を迎えようとしています。
昨今では「健康麻雀」がブームです。脳のいろいろな部分を働かせるので「脳トレ」には最適で、認知症予防、老化・ボケ防止などアンチエージングの効能が評価されています。先ず「役作り」、「相手の手を推理する」、「点数計算をする」、「次の流れを推理する」など脳の運動、「指を動かす」運動機能の活性、そして何よりも「仲間づくり・交流」です。
会は奇数月に1回、年6回開催します。会場は国分寺駅南口の雀荘三千院です。会費は会場費、食事代、賞金など込みの¥5,000です。
会員の皆さまのご参加をお待ちしております。

(清水 元、廣田 廣)

 

カラオケ同好会1月例会

カラオケ同好会例会 

2018年度の幕開け、1月例会は第2金曜日の1月12日、13時から19時、シダックス恋ヶ窪で開催され、参加者は22名でした。

先ず年初にあたり、恒例の「2017年の皆勤、精勤賞」の表彰を青木、眞宅のリードで行った。皆勤賞は田中康義、江連孝雄、吉田悦子の3名で、夫々に表彰状と記念品を贈呈、精勤賞・1回の欠席・は青木壯司、黒川清知、中村俊雄、中山斌雄、田口政澄で同じく賞状と記念品を贈呈した。尚賞状の文面は以下同文でなく、夫々に感謝の表現を記したらしい。

続いて誕生祝いのセレモニーに移り、1月は本会の盛り上げ役に欠かせない、元気印の原俊男さんと三田会コンビの染谷嘉男、吉村秀麿さんで、バースデイケーキ/シャンパンとHappy Birthdayの合唱でお祝し、夫々バースディプレゼントを贈呈した。そして記念撮影の上、ミニアルバムを差し上げた。

今月の歌は「冬景色」、「冬の星座」にお馴染み当会のテーマ曲「この街で」を合唱し、106と107号室に分かれてカラオケを楽しんだ。今月は幹事の清水が都合で遅れての来場だったが、ここまでは実にスムーズに進行した。

107号室は差し入れの景虎の一升瓶などがテーブルに鎮座、呑んべいの「飲み会」の様子も、得意の懐メロ、抒情歌、演歌などの絶唱。皆さん思い思いに飲み、歌い、喋りと外は寒風にも拘らず、皆熱く燃え、正月の疲れも見せず、エネルギーを発散、心身のリフレッシュをした。

途中、清水持参の巴裡小川軒のレーズン・ウイッチが口直しに配られ、お年玉の福引に提供された。

106号室を覗いてみると、江連、小林、日置、北川、中山、染谷、吉村さん等本格歌手?の面々が占め、レパートリィも広く、練られた楽曲を歌い上げ、流石歌好きのカラオケ風景であった。

5時過ぎには、いつものように久保田さんが到着、ビールで喉を潤し、得意の男の演歌を披露した。7時のフィナーレは青木、眞宅、原、北川、久保田、大野(府中)に清水、吉田の8名が「都の西北」を声高らかに合唱、原さんのエールでお開きとした。

皆正月気分で、午後からの長時間、歌う事の楽しみに加え、飲み且つ食べながの歓談で和気藹々、早稲田仲間、気心知れた仲間の交流を満喫した。最後に100歳を生きている方の共通した傾向のメインは「感情が豊かで、生き甲斐、趣味を持っている」、「友人との交際を好む」とあります。今年も本会に出席して、人生100年時代を楽しみましょう。              (文:清水 元、投稿:江連孝雄)