ホーム

 

新年のご挨拶

2018年1月 国分寺稲門会 会長 清水 元 

明けましておめでとうございます。
会員、ご家族の皆様、昨年はいろいろご支援、ご協力を賜り有り難く厚くお礼申し上げます。本年もよろしくお願い申し上げます。

昨年の活動は、軸である10同好会の月例・季節行事と大きなイベントとしては、春の南信州合同旅行に始まり、第45回総会、第7回国分寺寄席、納涼祭、稲門祭、第25回稲穂祭、最後は昨年に続き、りとるぷれいミュージックでの東京稲門グリークラブOBのX‘masコンサートでした。皆様のご協力で夫々盛大、且つ成功裏に終了致す事が出来ました。特に国分寺寄席は地域と共に・わせだと共に」のモットーのもと、市民との交流・地域貢献活動として高い評価を頂き、定着致しましたことご同慶の至りです。

昨年の大学スポーツでは箱根駅伝、六大学野球は春秋とも低迷・秋は最下位、ラグビーも今一息でした。正月の箱根駅伝での健闘を期待したく思います。

国分寺市民と共に国分寺稲門会あげて応援している「早稲田実業学校野球部」は、夏の地区予選は有志が神宮へ応援に参じましたが決勝戦で惜敗、神宮大会もあと一息でした。今年は大学、早実の奮起・挽回を祈りたく思います。

さて、今年の干支は戌です、犬は人間との付き合いも古く、忠実で親しみ深い動物です。この干支の特徴は勤勉、努力家とのことです。戌年の方の活躍と当会へのご協力・お力添えをお願致します。

今年も引き続き会員間の交流・懇親と地域への貢献を目指したく、特に昨年積み残しの創立45周年記念行事の開催は大きな宿題で、是非満足頂ける企画を立案致したく、関係幹事の方々のご協力をお願い致します。

話は変わりますが、ドイツのQS社より世界大学のEmployability Rankings 2017年版が発表され、早稲田大学は昨年に続き世界の大学ランキング26位で、国内では東京大学に続き第2位となりました。これは卒業生の活躍/企業から求められる人材輩出/各分野のリーダー輩出や研究による学術成果と就職率などが指標になっており、早稲田大学の校風である、「汎用性・多様性・個性的な人材育成」の成果であり、我々卒業生の活躍が大きく評価されたことと思います。

最後に、国分寺駅北口再開発が完成して4月からの利用が予定されています。再開発ビル・西街区と東街区のツインタワーに交通広場などで構成され、住居部分と公共・商業施設などの充実に期待が高まっています。

人生はシニアからが面白いとのこと。
国分寺稲門会を通じ、人の出会いと関係を大切に致したく、会員皆様の倍旧のご理解・ご支援を頂きたく宜しくお願い申し上げます。

(以上)

 


写真集 (写真をクリックすると拡大します)

① 第25回「稲穂祭」盛会に終了しました(2017年12月10日)

② 国分寺稲門会主催 「第7回 国分寺寄席」  (2017年8月31日)

③ ゴルフ同好会 立川国際CCにて (12月5日)

④ ハイキング愛好会「矢川湿原・根川緑道ハイキング」 (11月17日)

⑤ 町歩きの会「月島-佃島-築地」 (11月29日)

 

お知らせ

2017年11月27日
結婚相談室「いなほ会」のパーティー、12月2日(日)開催しました(独身男女30名が参加)。
2017年11月13日
校友会三多摩支部大会(11/12大隈講堂)、10名で参加しました。
2017年9月2日
第7回「国分寺寄席」は盛会に終了しました(8月31日)
2017年8月16日
国分寺あれこれ「江戸時代、国分寺は月の名所だった」、A Nice Cup of Tea「「紅茶の日、11月1日」に関わる物語」を寄稿。
2017年8月1日
ホームページをリニューアル!
› 続きを読む