第25回「稲穂祭」 2017年12月10日(日)、盛会に終了。

第25回「稲穂祭」は2017年12月10日(日)、中華料理「龍栄」にて開催された。
総合司会の小林 昭が開会宣言、
清水元会長の来場御礼と稲穂祭の歴史は45年前の「忘年懇親会」から始まったとの挨拶、ご来賓の早稲田実業、国分寺市長、国分寺三田会、府中校友会、立川、東村山稲門会の紹介で幕を開けた。

続いて井澤邦夫国分寺市長、渡邉惠夫三田会会長の挨拶、後刻到着の藁谷友紀早稲田実業校長からは清宮幸太郎と早実野球部に触れての挨拶が夫々あった。

ここでリラックスした気分・雰囲気で宴をすすめようと谷田成雄相談役の発声で乾杯
大橋忠弘の司会でショータイムに入る。先ず「早稲田大学まんが絵葉書」の紹介とし、手塚治虫・長谷川町子・横山隆一・清水昆・さとうさんぺいの早稲田大学や学生をモチーフにした貴重な作品の数々をスクリーンにより紹介。

メインイベントは、国分寺市在住早大生水野幸大さんの津軽三味線による「津軽じょんから節」他とプロのジャズピアニストで当会会員の竹村まさみさんクリスマスソング/スタンダードジャズの演奏。両演奏とも会場いっぱいに響く力強く、豪華で華やかな演奏で盛り上がり、いっぺんに気分は100%忘年会に突入した。

続いて懇親会(司会:吉松峰夫、遁所真美)では、お馴染み中山斌雄がセリ人になり、恒例のチャリティオークションに移り、巧みなしゃべり、パフォーマンスに載せられ、順次競り落とされ、売上は50,000円超の成果であった。

ビンゴゲームは中村俊雄の進行で、皆さん出た数に一喜一憂し、一等のクリスマスツリー飾りセットは開始間もなく山田孝がゲット。あと全員に賞品がもれなく贈られた。

フィナーレは木村徳のリードで校歌斉唱とエールを高らかに唱和、
最後は来年卒寿を迎える谷口和典の閉会挨拶でお開きとした。
そして全員で記念撮影

将に一年の締め括りに相応しく、みんな明日への活力をもらって帰路に着いた。

出席者
[来賓]藁谷友紀早稲田実業学校校長、村上裕二事務部長、井澤邦夫国分寺市長、渡邉恵夫国分寺三田会会長、宮西雅昭副会長、大野正道府中校友会会長、西村弘美副会長、橋本美紀常任幹事、佐竹茂市郎立川稲門会業務幹事、東村山松永常尚

[会員/家族]青木壯司、浅野道博、浅野剛、飯塚正、石田康博、江連孝雄、大橋忠弘、大矢康一、小口直毅、小田切晏彦、小田切三千代、河原紳雄、北原輝久、木村 徳、黒川清知、同淳子夫人、小柴和正、小林好隆、小林昭、島崎幸男、清水 元、眞宅康博、陶久 清、高橋和雄、竹村まさみ、舘 外博、田中康義、同邦子夫人、谷口和典、段野幹男、常見太郎、遁所剛、遁所真美、遁所理久、中村俊雄、中島 巌、中山斌雄、野部明敬、林紀久子、原 俊男、日置憲二郎、広瀬明夫、廣田 廣、同昌子夫人、松友 了、松村英明、南小柿 謙、宮坂尚利、同寿美子夫人、谷田成雄、同貞子夫人、矢地宏一、山岸信雄、山口慶一、山崎滋義、横川純子、吉田悦子夫人、吉松峰夫、米本 薫、渡邊啓介

[学生]井藤 魁、水野幸大            

(清水 元 記)

下の写真はクリックすると拡大します。

 

 

 

2017年12月12日 | カテゴリー : 稲穂際 | 投稿者 : 国分寺稲門会管理者4

第24回「稲穂祭」 (2016年12月11日(日))

第27回「稲穂祭」を盛会に開催致しました。
平成28年12月11日(日)16時50分~19時50分 (受付:16時30分)
(於)中華料理 龍栄(本多2-3-1・国分寺駅北口5分)042(321)0005
懇親をしながら、下記イベントを楽しみました。
(1) 「フラダンス」 早稲田大学ハワイ民族舞踊研究会の出演   
(2) 早稲田大学グッズのバザーとお宝オークション
(3) ビンゴゲーム
(4) 校歌斉唱 

市内同窓の仲間達と楽しい冬の夜を過ごしました。

2017年8月3日 | カテゴリー : 稲穂際 | 投稿者 : 国分寺稲門会管理者4

第23回稲穂祭(2015年12月6日)

12月6日(日)午後4:30~8:00、中華料理「龍栄」にて「第23回稲穂祭」を開催。
出席者は30歳~80歳代の市内在住会員・家族、来賓の70名。

大橋忠弘幹事長の司会で進行。
清水 元会長の挨拶で開宴し、来賓紹介。続いて「ジャズ・ライブ・コンサート」。
ジャズ・ピアニスト:竹村まさみ(国分寺稲門会会員)さんとベース:安田幸司さんによる「枯葉」「虹の彼方に」「A列車で行こう」等で暫しジャズの世界を満喫。
懇親会に移り眞宅康博が司会進行。小笠原正文三田会会長の挨拶、谷田成雄相談役の乾杯、歓談。
恒例の「オークション」は中山斌雄の法被、鉢巻の熱入パフォーマンスで全品完売、当会会計を潤した。
「ビンゴゲーム」は中村俊雄他の進行で、早稲田グッズ、X’mas、正月好適品等の争奪戦を展開、全員が賞品獲得。
「みんなで歌いましょう」は竹村の伴奏で「川の流れのように」、「冬景色」をカラオケ同好会・吉松、清水、大橋夫人、吉田夫人のリードで合唱。
木村 徳のリードで、校歌斉唱・エール。最後に米寿を迎えた谷口和典の中締めでお開きとした。

(出席者)
[来賓]小笠原正文、渡邉恵夫、染谷嘉男(国分寺三田会)
[会員]青木壯司、幸子、赤池秀夫、浅野道博、飯塚正、飯塚輝雄、石橋功太郎、石橋美子、内田博司、大橋忠弘、美紀子、小田切晏彦、小田切三千代、小野洋一郎、鐘築優、北原輝久、木村徳、久保祐司、久保田一輝、黒川清知、淳子、小柴和正、小林昭、島崎幸男、清水 元、眞宅康博、陶久 清、悦子、高橋和雄、高橋幸雄、竹村まさみ、舘 外博、田中康義、邦子、谷口和典、千原一延、常見太郎、寺沢和濃、長島信章、中村俊雄、中山斌雄、野部明敬、早川 守、原俊男、林紀久子、日置憲二郎、広瀬明夫、廣田 廣、昌子、藤野博之、敦恵、増本千明、丸山哲平、嶺 仁、森下 巌、谷田成雄、矢地宏一、山岸信雄、山口慶一、山崎重義、山田孝、横川純子、吉田悦子、吉松峰夫、米本 薫、ベース安田幸司(敬称略)
                                           (清水 元 記)

 

2015年12月10日 | カテゴリー : 稲穂際 | 投稿者 : kkbn-tomon

第22回稲穂祭(2014年12月)

日時:平成26年12月7日(日)午後5:10~8:20
場所:国分寺駅ビル・サロン「飛鳥」

年末の締め括り行事の第22回稲穂祭を開催した。出席者は会員・家族、三田会の66名と早稲田大学・オルケスタ・デ・タンゴワセダの学生14名の計80名。
大橋忠弘幹事長の総合司会で幕を開け、清水 元会長の挨拶、ご来賓紹介に続き、第一部は国内唯一の学生タンゴバンド「オルケスタ・デ・タンゴ・ワセダ」のアルゼンチンタンゴの名演で、ラ・コンパルシータ、フェリシアなどバンドネオンの心地よいリズムと哀愁をメインに、熱い演奏に全員が満喫。
続いて新入会員と初参加の9名が紹介され、簡単な挨拶があった。

第二部懇親会は、藁谷友紀早稲田実業学校校長、小笠原正文三田会会長、谷田成雄相談役の乾杯でスタート、恒例の「国分寺オークション」は、中山斌雄の熱の入ったパフォーマンスに誘われ全品完売、売上目標を達成。「ビンゴゲーム」に移り、中村俊雄の進行で、早稲田グッズ、X’masや新年好適品の争奪戦を展開、全員に賞品、紅茶などが贈られた。

第三部は「みんなで歌いましょう」コーナー。タンゴバンドのピアノ伴奏で「White X’mas、たき火、ふるさと」 を江連孝雄のリードで合唱。
フィナーレは木村 徳幹事のリードで「校歌斉唱とエール」。最後に野部副会長の締めのご挨拶でお開きとした。

[来賓]藁谷友紀、南川良典(早稲田実業校)、小笠原正文、宮西雅昭(国分寺三田会)、谷口徹(多摩稲門会)
[会員]青木壯司、幸子夫妻、赤池秀夫、浅野道博、安藤康雄、飯塚正、石田康博、石橋功太郎、石橋美子、小田切晏彦、小田切三千代、小野洋一郎、庸子夫妻、江連孝雄、大橋忠弘、大矢康一、小田恵介、木俵康之、木村徳、黒川清知、淳子夫妻、小柴和正、小林昭、小林好覚、島崎幸雄、清水 元、眞宅康博、陶久 清、高城和夫、高橋和雄、舘 外博、田中康義、邦子夫妻、谷口和典、常見太郎、寺沢和濃、外川善、中村俊雄、中山斌雄、利子夫妻、南部 真、野部明敬、早川 守、原俊男、林紀久子、日置憲二郎、廣田 廣、昌子夫妻、藤野博之、増本千明、丸山哲平、宮坂尚利、嶺 仁、谷田成雄、貞子夫妻、矢地宏一、山縣浩一、山崎重義、山田孝、横川純子、吉松峰夫、米本 薫、オルケスタ・デ・タンゴワセダ・大三輪柚季マネジャー他13名(敬称略)

                                           (清水 元 記)

下の写真:左から、集合写真、タンゴ・ワセダの演奏、みんなで歌おう、校歌斉唱、(写真をクリックすると拡大)

 

2014年12月15日 | カテゴリー : 稲穂際 | 投稿者 : kkbn-tomon