ワセスポを愛する会からのお知らせです。

2024年3月1日

国分寺稲門会会員の皆様

早稲田・同志社定期野球戦のお知らせ

国分寺稲門会

ワセスポを愛する会幹事

廣田修身

標記、復活第11戦を下記の通り行います。

参加される方はお申し込み下さるようお待ちいたします。

1:開催日:2024年3月21日(木)12:15セレモニー、13時試合開始

2:会場:安部磯雄記念野球場(西武新宿線東伏見駅南口下車)

安部磯雄は、新島襄(NHK大河ドラマのモデルとなった会津藩出身の新島八重の夫、同志社の創立者)の弟子で、早大野球部の創立者

3:料金:観戦無料 昼食各自

4:交流会* 1700~19:00 @5,000円 墨花居田無店 飲み放題・立食形式

  *観戦後、両校OBによる交流会(50名)

交流会は定員に達した場合、打ち切らせていただきます。

当日10時40分にJR国分寺駅改札口にご集合ください。旗を持って迎えます

下記、返信欄に沿って返信をお願いします。締め切り3月8日(金)

返信先:noboruya@jcom.home.ne.jp(下山)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・返 信 欄 ・・・・・・・・・・・・・・・

・氏名 、・連絡先携帯番号、・A,B,Cいずれか明記

              A:観戦のみ参加、B:交流会のみ参加、C:両方とも参加

2024年2月29日

写真愛好会開催のお知らせ

下記の通り写真会を開きますので、ご参加下さい
     
場所 本多公民館 会議室 1
時間 3月26日 午後2時 
パソコン・プロジェクタを準備します
 
各自の写真を持ち寄って鑑賞
写真のフォーマットは、jpg 形式のデータあるいは紙にプリントした物のどちらでも結構です。
写真のテーマは自由ですが、時節柄 「春」と「風」をメインにしたいと思います。

ご参加をお待ちしています。

当日の写真はよろしければ国分寺稲門会のウェブサイトに掲示します。
2024年2月29日

ゴルフ 三田会との懇親合同ゴルフ会のお知らせです。

第13回国分寺三田会との懇親合同ゴルフ会は

2024年5月29日(水)開催予定です。

会場は青梅ゴルフ倶楽部、

中コーススタート4組、西コーススタート4組の枠を確保、

共に第一組9:31分スタートの予定です。

参加される方はゴルフ幹事の石橋、又は河辺まで連絡願います。

2024年2月24日

カラオケ同好会は寒中も元気です。

2月のカラオケ例会が開催されました

開催日:令和6年2月2日(金) 13時~16時

会場:日吉町シルクハット

参加:10名 

会費:@3,000円

明日は節分という冬空の金曜日、寒さをものともせぬ元気印10名が自転車、バス、ワイフの運転などで参集、2月例会が開催されました。2月は何といってもバレンタインデイといいことから各自チョコレートを持参しお楽しみ抽選会を行い、空くじなしで<同性>からのプレゼントを手にした。2月の誕生は野部;19日で満86歳を迎える。「ここにおられる96歳の谷口先輩の後をしっかりと追いかけたい」と、頼もしい挨拶があり乾杯に入った。暫し特製弁当を楽しみながら会歌「この街で」を全員斉唱、のどの調子を整え、各々マイクを回し持ち歌・新規披露曲など歌い、気が付けば4曲を歌い上げるメンバーも。最後は早稲田大学応援部録音による校歌「都の西北」こぶしを上げ声高らかに斉唱しお開きとなった。次回の例会は3月1日(金)を予定している。

会員の皆さまの参加をお待ちします。お気軽にどうぞ!

連絡先:080-3240-7018 下山宛。

今回の参加者と歌唱曲は下記の通り(順不同)

廣田(修):寒い朝、小樽の女よ、有楽町で逢いましょう、赤いグラス。谷口:北国の春、同期の桜、酒と涙と男と女、くちなしの花。小田:言葉足らずのメロデイ、舟歌、酒とバラの日々。:柳ケ瀬ブルース、誰か夢なき、誰よりも君を愛す。野部:この世で一本のバラ、居酒屋昭和、家族になろうよ。:さようならは5つのひらがな、あなたのすべてを、そんな女の独り言。日置:My Funny Valentine。中山:カサブランカグドバイ、旅愁、小樽運河。清水:すきま風、そして神戸。下山:逢わずに愛して、男がひとり飲む酒は、夜霧よ今夜も有難う。以上

(下山 記)

全員集合R6年2月2日

2024年2月2日

オルケスタ・デ・タンゴ・ワセダ NEW YEAR PARTYが開催されました。

PJ愛好会報告

 

開催日:2024年1月27日(土) 13:00~15:00

場 所:高田馬場 Café Cotton Club

参加者:清水、下山、中山、野部、日置

 

1951年創設の日本で唯一のタンゴサークル「オルケスタ・デ・タンゴ・ワセダ」のOB・OG会

ニューイヤーパーティに参加しました。今回は、当会の野中信男名誉顧問(1958・商)が清水・日置さんと親しい関係であったこともあり参加することができました。

出演者の大半は現役プロとして活躍している方々で、バンドネオン,ピアノ,バイオリン,ベース,

ヴォーカルの卓越した技量に圧倒されました。バンドネオンは、アコーディオンが肩からかけて

演奏するのにたいして、膝に抱えて長い蛇腹を伸縮させるため、その演奏姿にも迫力を感じました。

歴史ある団体ならではの懐かしい面々も続々駆け付け、中でも、早稲田大学ナレオハワイアンズの創設者である白石信ナレオ稲門会会長の姿も見えました。90歳を過ぎた今も元気はつらつ、現役でご活躍です。

9グループが出演し、タンゴ名曲の他、竹内まりやの「駅」をなど20曲以上が演奏され、コットンクラブ地下1階ホールを貸し切り、絶品イタリア料理とワインの酔いとともに、歌ありダンスありの楽しいひと時を楽しみました。

           Una chica  milonguera

(中山 記)

2024年1月30日

第115回麻雀大会が開催されました。

国分寺稲門会麻雀同好会の第115回定例会が1月19日何時もの国立駅北口 雀荘北家で開催されました。

参加者は14名でしたが、前半の時間帯は都合が悪い、後半から参加できれば、と言う方が数名いて2組にペアーを

組んでいただくことによって10名+2チーム計12名で競技を行いました。

今回の優勝者は清水で前半戦から着実に得点を伸ばし4回戦を終えた時点で+98、それまでの得点上位者同士が対戦する

5回戦でも堂々のトップをとり久々の優勝でした。準優勝は坂本4回戦を終えた時点で+77で清水に次ぐ2位につけて

最終戦に期待がかかりましたが追い上げならず+51の2位に終わりました。

久保田、中山組は両者ともに手堅く合計+35にまとめ3位に入りました。

次回116回大会は3月15日(金)を予定しています。またコロナ禍前には開催されていた多摩地区稲門会交流麻雀大会復活の

動きがあり2月17日(土)の開催を予定して小平稲門会、山口を中心に計画が進んでいます。

国分寺稲門会麻雀同好会でもこれに参加すべく幹事日置を中心にメンバーを選定中です。 (文中敬称略)                        

                                      幹事 青木 壯司 日置憲二郎

2024年1月27日

PJ愛好会からのお知らせ

  鈴木良雄スペシャル・ライブ(第2弾 at ハーバーライト国立)

国分寺市転居3年目、国分寺稲門会入会記念第2弾スペシャルライブを下記の通り開催します。

我が国ジャズ界の大御所・重鎮である鈴木良雄(1968・文)氏。愛称CHINさんが今回もベースを離れ

ピアノでご挨拶。ご当地の皆様に贈る渾身のライブステージをお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鈴木良雄(ピアノ)+香川裕史(ベース)唯一無二のDUO

日時:2024年(令和6年)2月16日(金) PM7:00開場 7:30開演

場所:Jazz & Bar Harbor Light

 国立市東1-6-2 Y’s Visionビル4階 TEL:042-577-5510

Music Charge:3‚000円+ドリンクオーダー

申込先:2月9日(金)までに先着20名 090-3362-9772  板坂 宛(ハーバーライト マスター

 

 

 

 

2024年1月10日

令和6年・頌春カラオケ例会が開催されました。

カラオケ同好会報告

2024年1月6日(金)午後1時開始。会費3000円。

国分寺市:日吉町シルクハット

参加12名:谷口、染谷(三田会)、吉松、野部、原、中山、日置、廣田、久保田、小野沢(国立)、下山、舘、以上12名

今年の同好会活動の皮切りはカラオケ例会でした。晴天の正月6日に集まったのは初参加の廣田修身(S43政経)を始め12人。開会に先立って元旦に能登半島で発生した大地震で亡くなられた方々に黙とうを捧げました。今年は辰年、96歳を迎える元気溌剌・当会最年長の年男=谷口和典(S26政経)の挨拶と乾杯の発声で開始しました。1月の誕生月は染谷嘉男、原俊男、小野沢純一の三人で、各々に誕生日プレゼントが贈られました。自家製のおせち料理を楽しみながら、会歌「この街で」、季節柄・唱歌「冬の星座」を合唱し、いつもの通り順番に得意の曲を熱唱しました。美酒に酔いしれ歓談も進む中、4時20分、お互いの健康を祈りながら景気よくウイーンフィルによる「ラデツキー行進曲」を全員手拍子し聞き入りました。主な披露曲=高校三年生;廣田、再会酒場;吉松、金沢の女;久保田、恋の町札幌;舘、1月1日;日置、東京ブギウギ;原、駅;小野沢、旅人よ;染谷、北国の春;谷口。酒よ;中山、北前船;野部、男がひとり飲む酒は;下山。                                                          (下山:記)

令和6年正月2

2024年1月5日

写真愛好会ダイヤモンド富士撮影会

ダイヤモンド富士撮影会  2023年12月20日21日

今年も年末を控え冬至を迎えました。

この時期には立川市富士見町の多摩川原の付近でダイヤモンド富士が見られます。

今年も写真愛好会メンバーが集い、ダイヤモンド富士の撮影に挑みました。

20日は生憎の曇り空で、富士山に掛かる太陽を撮影する事が出来ませんでしたが、冬特有の雲が空一面に広がって沈む夕日を演出してくれました。

                     

 

21日は快晴で、富士山の頂上に沈む太陽を撮影することが出来ました。

撮影後は付近の寿司屋で写真談義に花を咲かせました。

参加 下山 登  多賀愛子  山岸信雄  堀江一久(特別会員)      中島 巖

2023年12月29日

全早慶馬術定期戦が行われました

第74回全早慶馬術定期戦が2023年12月2~3日、早大東伏見馬場で行われました。

当早慶馬術定期戦は両校の中高生・大学生・OB/OGの3グループ毎に馬場馬術競技&障害飛越競技で勝敗を競うことから全早慶馬術定期戦との名称になっているとのこと。

今回の馬術早慶戦の結果は、2日の馬場馬術&小障害競技の3競技は早稲田が全て勝利、3日の障害飛越競技は中高生・現役中障害でも勝ち、6種目中、5種目を制して早稲田が3年振りに勝利しました。

 

黒のユニフォームが早稲田

赤のユニフォームが慶應です

 

2023年12月5日