カラオケ同好会からの報告です。

2024年(令和6年)カラオケ同好会5月例会報告

開催日:5月3日(金)13時~16時

会場:日吉町シルクハット

会費:@3000円

さわやかな晴天に恵まれ、13人が集合しました。今回は武蔵野稲門会から片岡冬里さん(45理工)と佐川素子さん(44教育)も加わり「鯉のぼり」をBGMに和やかなうちに始まりました。冒頭、奥島元総長を追悼し黙とうをささげました。いつもの集合写真の後、ご両人から自己紹介があり、5年ぶりのカラオケでうまく歌えるかわからない(笑)等のお言葉があり、乾杯に入り、食事を楽しみながら会歌「この街で」を斉唱。事務連絡として6月例会の予定日は総会6月8日の前日になるため中止し、次回は7月になること、稲門祭の記念品を会としてウイスキー2本購入したいことが提案され承認されました。休憩を取ることもなく全員3;4曲を歌い上げ、16時に校歌斉唱してお開きになりました。外が見渡せ明るく広々とした会場に、食事はもとより、差し入れを含むビール・ワイン・日本酒・焼酎などがふんだんに提供されて武蔵野のお二人も満足されたようで(佐川さんはノンアルコール派)安堵しました。

出席者と代表披露曲は次の通り(年齢順)谷口(北国の春)、吉松(5月のバラ)、眞宅(裏町酒場)、野部(山のけむり)、原(坊がつる讃歌)、清水(そして神戸)、中山(エレジー)、佐川(白雲の城)、片岡(天城越え)、小野沢(人生の扉)、下山(君は天然色)、小田(Fly me to the moon)、増本(恋に落ちて)    以上 

                                                                                                                                                                      (下山:記)

 

カラオケ同好会令和6年4月例会報告

4月とは思えない寒さ厳しい曇天の中、4月例会が開催されました。

2024年4月6日(金)

13時から16時30分

日吉町シルクハットにて

会費3000円

あいにくの空模様でようやく満開を迎えたさくらも寒さに震える中、歌好きのメンバーが集結。

最初に3月30日に、闘病の末、亡くなった江連孝雄会員に清水から追悼言と献杯があり故人を惜しんだ。

さて、新年度の始め、今回からコロナ以前に戻り料理も個配でなくて大皿となり、寿司、オードブル、サンドウイッチ、お新香などが用意され高齢には好評だった。ビール、ワイン、日本酒など楽しみながらゆったりとした3時間を過ごし、各人数曲を披露、今回は紅一点で増本も参加、ディエットで和やかな雰囲気を演出した。登場するのはやはり昭和歌謡、懐かしい当時を回想し至福の時間を共有した。次回の再会を誓い校歌斉唱で幕を閉じた。メンバーと主な披露曲は次の通り。

清水:青葉城恋歌、眞宅:無法松の一生、野部:昭和・路地裏話、谷口:北国の春、原:抱擁、中山:大東京音頭、舘:意気地なし、吉松:昔聞いたシャンソン、下山:ふるさとのはなしをしよう、廣田:リンゴの歌、増本:銀座の恋の物語、小田:好きだよ、小野沢:砂時計、以上13名

カラオケ同好会からの報告です。

カラオケ同好会令和6年3月例会

令和6年3月1日(金)、三月カラオケ例会は13時より日吉町のシルクハットで開催されました。弥生に入ってやや春めいた青空の下、今回は、紅一点、小金井から伊藤佳子(S39・教育)さんも参加、端午の節句にふさわしいあでやかな例会となりました。先ず2月14日に病により惜しくも逝去された青木壮司顧問に対し黙とうをささげました。3月の誕生は中山(3月6日生まれ)で、お祝いの品が贈られました。全員記念撮影、乾杯に続き、シルクハット特製のお弁当を食べながら、幹事の下山から来月からコロナも明けたことだから大皿料理に替えたいと提案があり承認されました。ビール・焼酎に加え・ワイン・ウイスキーなどの差し入れを頂くにつれ、テンションが上がり、今月の歌「うれしいひな祭り」(伊藤)、「花」(清水・原のコーラス)、「なごり雪」(吉松)が披露されました。大いに歌い語り飲んで楽しく過ごし、最後は校歌を斉唱して16時に次回(4月5日予定)の再会を誓ってお開きとなりました。

参加者と主な歌唱曲は次の通りです。*は青木顧問への追悼曲。

中山(*遠い昭和のまぶしい時代)、清水(*無法松の一生)、小野沢(窓)、日置(*千の風になって)、小田(君がそばにいるから)、吉松(22歳の別れ)、原(港が見える丘)、伊藤(つぐない)、谷口(北国の春)、下山(千年の古都) 以上10名

カラオケ同好会からの報告です。

2月のカラオケ例会が開催されました

開催日:令和6年2月2日(金) 13時~16時

会場:日吉町シルクハット

参加:10名 

会費:@3,000円

明日は節分という冬空の金曜日、寒さをものともせぬ元気印10名が自転車、バス、ワイフの運転などで参集、2月例会が開催されました。2月は何といってもバレンタインデイといいことから各自チョコレートを持参しお楽しみ抽選会を行い、空くじなしで、<同性>からのプレゼントを手にした。2月の誕生は野部;19日で満86歳を迎える。「ここにおられる96歳の谷口先輩の後をしっかりと追いかけたい」と、頼もしい挨拶があり乾杯に入った。暫し特製弁当を楽しみながら会歌「この街で」を全員斉唱、のどの調子を整え、各々マイクを回し持ち歌・新規披露曲など歌い、気が付けば4曲を歌い上げるメンバーも。最後は早稲田大学応援部録音による校歌「都の西北」こぶしを上げ声高らかに斉唱しお開きとなった。次回の例会は3月1日(金)を予定している。

会員の皆さまの参加をお待ちします。お気軽にどうぞ!

連絡先:080-3240-7018 下山宛。

今回の参加者と歌唱曲は下記の通り(順不同)

廣田(修):寒い朝、小樽の女よ、有楽町で逢いましょう、赤いグラス。谷口:北国の春、同期の桜、酒と涙と男と女、くちなしの花。小田:言葉足らずのメロデイ、舟歌、酒とバラの日々。:柳ケ瀬ブルース、誰か夢なき、誰よりも君を愛す。野部:この世で一本のバラ、居酒屋昭和、家族になろうよ。:さようならは5つのひらがな、あなたのすべてを、そんな女の独り言。日置:My Funny Valentine。中山:カサブランカグドバイ、旅愁、小樽運河。清水:すきま風、そして神戸。下山:逢わずに愛して、男がひとり飲む酒は、夜霧よ今夜も有難う。以上

(下山 記)

全員集合R6年2月2日

カラオケ同好会令和6年1月例会報告

カラオケ同好会報告

2024年1月6日(金)午後1時開始。会費3000円。

国分寺市:日吉町シルクハット

参加12名:谷口、染谷(三田会)、吉松、野部、原、中山、日置、廣田、久保田、小野沢(国立)、下山、舘、以上12名

今年の同好会活動の皮切りはカラオケ例会でした。晴天の正月6日に集まったのは初参加の廣田修身(S43政経)を始め12人。開会に先立って元旦に能登半島で発生した大地震で亡くなられた方々に黙とうを捧げました。今年は辰年、96歳を迎える元気溌剌・当会最年長の年男=谷口和典(S26政経)の挨拶と乾杯の発声で開始しました。1月の誕生月は染谷嘉男、原俊男、小野沢純一の三人で、各々に誕生日プレゼントが贈られました。自家製のおせち料理を楽しみながら、会歌「この街で」、季節柄・唱歌「冬の星座」を合唱し、いつもの通り順番に得意の曲を熱唱しました。美酒に酔いしれ歓談も進む中、4時20分、お互いの健康を祈りながら景気よくウイーンフィルによる「ラデツキー行進曲」を全員手拍子し聞き入りました。主な披露曲=高校三年生;廣田、再会酒場;吉松、金沢の女;久保田、恋の町札幌;舘、1月1日;日置、東京ブギウギ;原、駅;小野沢、旅人よ;染谷、北国の春;谷口。酒よ;中山、北前船;野部、男がひとり飲む酒は;下山。                                                          (下山:記)

クリックすると動画が見れます。

カラオケ同好会令和5年12月例会報告

首記例会が温暖な気候の元、開催されました。

令和5年12月8日(金)

13時~16時

日吉町:シルクハット

参加13名

忘年会とクリスマスを記念して全員サンタの帽子をかぶり楽しく一年を振りかえりました。三田会から染谷さん、国立から小野沢さん、ようこそいらっしゃいました。小金井の伊藤さん、次回は是非ご参加ください。歌のほかに美味しい総菜とお酒がお待ちしております。

memberと主な披露曲は下記の通り。

野部:我が人生に悔いなし(裕次郎)、下山:熱き心に(旭)、清水:無縁坂(さだまさし)、眞宅:山(サブちゃん)、中山:エレジー(吉幾三)、日置:赤鼻のトナカイ、舘:ブランデイグラス(裕次郎)、小田:Far away(谷村新司)、小野沢:人生の扉(まりや)、染谷:ホワイトクリスマス(クロスビー)、原:風の盆(菅原洋一)、吉松:再会酒場(坂本冬美)、青木:大阪で生まれた女(ボロ)   以上                 

                                        (下山:記)

令和5年11月カラオケ例会が開催されました

令和5年11月カラオケ同好会例会報告

11月3日(金)快晴 13:00~16:00 日吉町シルクハット、会費3000円

冒頭、幹事の下山から「明日から早稲田祭、加えて国立市民祭り、国分寺祭りがあり、まさに秋たけなわの今、14人の参加をもってカラオケ例会が出来て非常にうれしい」との挨拶。

清水名誉会長から11月6日に満95歳を迎える国分寺稲門会の最長老=谷口和典さんに、11月19日に満88歳を迎える吉松峰夫さんに記念品が贈られた。各々返礼の言葉があり、乾杯の音頭はコロナを挟んで4年ぶりに顔を見せた国分寺三田会の染谷嘉男さん92歳が行った。今回は秋にちなんで「枯葉」を吉松がフランス語(イヴモンタン)、日置が英語(Nキングコール)で披露。先日亡くなった谷村新司氏を偲ぶ曲の数々、最後には同じく追悼=もんたよしのり氏「ダンシングオールナイト」で大いに盛り上がり、締めは応援歌「紺碧の空」を元気よく晴れて肩を組んで歌い上げ、よく飲みよく歌い、老いて益々盛んなところを見せた例会は盛会のうちに幕を閉じた。出席者(順不同)と主な披露曲は次の通り。

吉松(男がひとり飲む酒は)、谷口(北国の春)、久保田(夢の夢)、中山(思い出迷子)、眞宅(人生劇場)、青木(冬の稲妻)、清水(昴)、野部(陽はまた昇る)、日置(枯葉)、染谷(イッツノアネヴァー)、原(風の盆)、舘(22歳)、小野沢(異邦人)、下山(海は恋してる)

(文責:下山)

カラオケ同好会令和5年10月例会報告

標記、10月例会は2023年10月6日(金)午後1時より市内日吉町シルクハットで行われた。先月が台風の為中止となり、2か月ぶりの例会に集まったのは11名。冒頭、10月5日でめでたく83歳を迎えた清水にタンゴ風祝賀曲とともに記念品を贈呈、本人から「ますます元気で人生を楽しむ」との返礼とに乾杯の音頭があった。今月は幹事の下山が9年間通ったウクレレ教室の成果?を披露すべくコード演奏に合わせ全員が斉唱した。最長老の谷口から、こうして仲間と交わることが生きがいであり100歳まで頑張ると頼もしい発言があった。一方、この春以來、主治医から当面の禁酒を命じられた中山はノンアルコールでマイクを握った。国立からの参加の小野沢は昨夜行われた一木会の報告、野部からは讃華会の様子などが報告された。今回は本邦初公開=眞宅のカラオケならぬ詩吟の披露があり全員が静かに聞き入るなど、多彩な例会は予定通り4時に終了した。参加メンバーと主な披露曲は下記の通り。谷口「荒鷲の歌」、原「東京行進曲」、野部「吾亦紅」、眞宅「峨眉山月の歌」、清水「今はもう秋」、中山「悲しみの終着駅」、青木「愛すべき男たち」、小野沢「愛のままで」、久保田「おーい追っかけ音次郎」、日置「ブルーハワイ」、下山「里の秋」      以上          (文責:下山)

                                                                                                                                                                                                                                                   

 

令和5年国分寺稲門会8月カラオケ例会

標記例会が令和5年8月4日(金)13時より16時まで市内日吉町シルクハットにて開催。猛暑のもめげず集まったメンバー10名はエアコンの効いた快適な空間でひと時を楽しんだ。記念撮影の後、清水から時候の挨拶があり誕生月である小田に記念品が贈られた。盛夏にちなみ島崎藤村「椰子の実」を斉唱し幼き頃を回想した。先日天寿を全うしたトニーベネットを偲び青木が「I left my heart in  San Francisco」を熱唱。最長老の谷口は「お前と二人」、「北国の春」などを衰えることなく披露した。国際派の小田は洋盤数々、国立稲門会から参加の小野沢の歌い初め「月光仮面」から小田純平、更に「人生の扉」へ。清水は「ナレオハワイ」他、野部は伊藤久雄「高原のの旅愁」、原は「八尾風の盆」等、日置も「What a wonderful world」で聴かせ、プロ顔負けの久保田は五木ひろし数曲に加え、リクエストに応え「人生劇場」に挑戦、小生「木曽路の女」、あっという間に定刻となり校歌斉唱でお開きとなった。次回は9月8日(金)を予定している。新規参加ご希望の方は080-3240-7018下山宛。参加者;谷口、野部、原、清水、青木、日置、久保田、小野沢、下山、小田       (記:下山)

先ずは記念写真

谷口先輩94歳の熱唱