早稲田実業学校との交流

早稲田実業学校との交流

                2019年10月 大橋忠弘(記)

早稲田実業学校が国分寺市に移転して19年目になります。
移転時から国分寺稲門会は早稲田実業学校(以下、早実と記載)との交流を続けて来ました。
それは現在でも受け継がれて、国分寺稲門会総会や稲穂祭には、早実幹部の方々が万難を排してご参加いただいています。
国分寺稲門会も早実の行事に参加し激励を続けています。
その一部をご紹介します。

1、早実高等学校運動会

10月初旬に開催される運動会に毎年来賓として出席しています。
毎回、若者の活力と息吹に圧倒される1日です。中でも騎馬戦(高3男女全員参加)は迫力満点です。
それから興味深いのは「男女別クラブ対抗リレー」。毎年男女とも陸上部が圧勝して流石なのですが、2位以下は大混戦です。我々は「国分寺稲門会創立45周年記念コンサート」で出演いただいた音楽部・応援指導部を応援するのですが、残念ながら最下位争い。それでも大きな拍手を送っています。
運営は学生達が実行委員会を構成して組織的に行い感心してしまいます。数年後に早大に入る後輩達を親目線で見守る一日です。

2、早実文化祭

11月初旬の土日に開催されます。
運動会は体育会系クラブが花形ですが、文化祭は文科系クラブが花形です。
ホールでは音楽会などが常時行われ超満員。教室では趣向を凝らしたアトラクションが用意されます。父兄参加のバザーも大賑わいでした。

3、早実音楽部合唱班のコンサート

6年前(2013年10月27日)開催の「国分寺稲門会創立40周年記念コンサート」
(詳細は右をクリックしてご覧下さい。 記念コンサート)にご出演いただいて以降、親しくお付き合いをさせて頂いています。
毎年3月開催の定期演奏会には当会から多数の会員が参加し、ミュージカルや合唱を楽しませていただいています。
早実の音楽の先生方の熱心なご指導の成果で年々実力を付けられて、現在では東京都合唱コンクール金賞受賞の常連です
2019年はNHK合唱コンクールで東京都大会にて金賞を受賞し、関東甲信越ブロックコンクール(9月7日)に東京都代表で出場、見事に銅賞を受賞されました。
おめでとうございます。

これからもWinWinの友好の歴史を刻んで参りたいと存じます。
宜しくお願い致します。


 

2019年10月14日 | カテゴリー : ご近所便り | 投稿者 : 国分寺稲門会管理者4