カラオケ同好会 9月例会

国分寺稲門会カラオケ同好会、令和元年9月例会

9月6日(金)残暑の中にも秋の気配が感じられる中、午後1時よりシダックス恋ヶ窪にてカラオケ同好会9月例会が開催された(写真)。23名出席。
冒頭、清水会長より最近の内外情勢に触れ、次いで国分寺稲門会の近況・同好会行事の紹介があり出席確認などが行われた。恒例の誕生月祝いは残念ながら唯一9月生まれの増本が仕事のため出席できずお流れとなった。あと新しいカラオケ幹事と役割分担表が回覧され、清水は当面継続して務めることで会員の協力をお頼いした。
幹事の大橋、江連、久保田はともに禁酒・酒控え派(ドクターストップもあり)で専ら飲み物・食べ物の配送サービスに務め、集金担当の下山は酒歓迎派であるが、黙々と会費を徴収した。
幕開けは千原の乾杯の音頭で、ビール、ソフトドリンクで喉を潤したところで今月の歌4曲「里の秋」「誰もいない海」「アザミの歌」「少年時代」と「この町を」を合唱してカラオケに入った。
106号室のマニアルームには常連の吉松・染谷が欠席になったため小林・江連・小野沢など少人数でスタート。107号の大部屋では古株の田中が先導を切り、続いて先月終了した甲子園の「栄冠は君に輝く」を中村が歌い、千原、原、松永、清水、田口、大野、扇田、野部等が間髪を入れず自慢ののどを披露した。特に5時から男・勤務の関係で5時以降に来場の久保田のド演歌はプロ以上に秀逸でボディアクションも魅力的で、皆聞き入った(写真)。
全員もれなく和やかに歌い上げ、歓談、そして美酒に酔いしれるうちに午後5時に中締め。三々五々帰路についた。
残った面々は10名(清水、眞宅、松永、青木、日置、野部、中山、山崎、久保田、下山)で心行くまで飲み歌い、最後は「紺碧の空」を肩組みながら合唱し(写真)、中山のエールで午後6時15分本締めとなった。

出席者:青木壮司、江連孝雄、大橋忠弘、黒川清和、久保田一輝、小林昭、清水元、下山登、眞宅康博、田中康義、舘外博、千原一延、中村俊雄、中山斌雄、野部明敬、原俊男、日置憲二郎、山崎重義、松永常尚(東村山)、田口政澄(東村山)、大野正道(府中)、小野沢純一(国立)、扇田正俊(国立)以上23名

(下山 登(記))


 

8稲門会対抗「麻雀大会」

8稲門会対抗「麻雀大会」(2019年8月25日)

8月25日(日)8地区稲門会対抗麻雀大会が開催されました。会場は、武蔵小金井駅北口「雀荘ぱた~ん」です。
この対抗麻雀大会は、国分寺、東村山、小平の「3稲門会親睦合同麻雀大会」が土台になっています。その後、西東京、立川、小金井が加わり「6地区稲門対抗会麻雀大会」として第1回が平成27年2月に開催されました。以降、毎年2月と8月に開催されています。
そして今回が第10回となりますが、今回より日野稲門会、清瀬稲門会が参加することになり「8地区対抗麻雀大会と」して開催されました。
各稲門会より5名が参加し、計40名(10卓)で団体戦・個人戦を競いました。国分寺稲門会からは、廣田・清水・日置・舘・青木の5名と水落氏が参加しました。水落氏は立川稲門会で急に欠員がでて補充要員として急きょ登板してもらいました。ご苦労様でした。
当日の成績は以下の通りでした。

団体戦  優勝   日野稲門会  +229
     準優勝  国分寺稲門会  +61
     3位   立川稲門会   +27

個人戦  優勝   小笠原 豊(日野)  +110
     準優勝  京極 英二(日野)  +101
     3位   長谷川英夫(立川)  + 86
     4位   廣田 廣 (国分寺) + 66
     5位   島崎 征郎(西東京) + 64

初参加の日野稲門会の小笠原氏・京極氏が個人戦で優勝・準優勝。2人で211点を獲得した日野稲門会が団体戦でも他稲門会を寄せ付けず初優勝となりました。
国分寺稲門会はベテラン廣田氏が4位に入り健闘しましたが、この日の日野稲門会の勢いには勝てず団体戦は2位に終わりました。
麻雀大会終了後は、会場近くの居酒屋で懇談(約半数が参加)。大会参加メンバー、参加稲門会間の交流を深めました。
次回大会(第11回)は来年2月の予定です。

                     記 青木壯司


 

カラオケ同好会8月例会

国分寺稲門会カラオケ同好会、令和元年8月例会

梅雨明けの酷暑の中、8月2日(金)13時よりシダックス恋ヶ窪にてカラオケ例会を開催。
暑さにもめげず集まったのは25名の精鋭です(写真)。

今月の誕生日は廣田、眞宅(8/2の昼過ぎに誕生とのこと)、大野(府中)の3人。清水会長の挨拶に続き恒例バースデイケーキを囲み♫ハッピーバースデイの祝福とアメリカスタイルの願い事が叶うようにとケーキのろうそく消しが行われ、大橋幹事長より3人にバースデイプレゼントが贈呈され、あと各人からの答礼がありました。大野さんから生まれは紀元2600年(昭和15年)と自己紹介があり、清水、原も同年だということから、急遽、うっすらと記憶にある「紀元は2600年」(カラオケに所蔵あり)を全員で歌い皇国日本に暫し逆戻りしました。

また今月が125回出席(通算では14年)を数える松永(東村山)には、大隈重信公の人生125歳説に因み早稲田では125は重要数字であり、清水会長から記念に早稲田グッズを贈呈。松永よりお礼と“150回をめざしたい”との挨拶があり、ご本人の音頭で乾杯を行いました。

8月は「サマー・ファッション・デー」。各人思い思いの衣装を身にまとい参加しました。大橋夫人、伊藤佳子さんの女性審査員からベストドレッサー1位に中村(甚平に怪人風眼鏡、写真)、2位は下山(ハワイのレイ)、3位は中山(サングラス)が選ばれ、各々記念品をゲットしました。

次に今月の歌「我は海の子」(実際は手違いで「海」) 、「見上げてごらん夜の星を」、(「山のけむり」は黒川さん欠席で見送り)と「この町で」を斉唱し声慣らしを行いました。

漸く本番のカラオケに入り、歌好きの面々は106号室に集結。飲み食い中心で演歌の好きな面々は107号室に残り、各自得意な持ち歌を次々に披露。ビール・焼酎・日本酒にウイスキーを楽しみ、焼きそば・ピザなどで腹を満たし、間断なく歌唱が展開。

5時の中締めで、半数の方が三々五々退席しました。まだまだ楽しもうと残ったのは12名で疲れも見せず唄が続き、夏らしく最後はハワイアンソングを熱唱。「アロハオエ」を原語で歌い締めて、最後は久しぶりに校歌「都の西北」を1~3番まで歌い上げ、18時15分に原のエールで散会しました。

飲み足りない面々5人は眞宅さんの誕生祝いと洒落込み、国分寺駅近くまで繰り出したとのことでした。

参加者:青木壮司、江連孝雄、大橋忠弘、大橋美紀子、久保田一輝、小林昭、清水元、下山登、眞宅康博、田中康義、舘外博、中村俊雄、中山斌雄、野部明敬、原俊男、日置憲二郎、廣田廣、山崎重義、吉松峰夫、松永常尚(東村山)、田口政澄(東村山)、染谷嘉男(三田会)、伊藤佳子 (小金井)、大野正道(府中)、小野沢純一(国立)                                   

 以上         (下山 登 記)


 

納涼会「晩夏の夜の集い」開催のご案内

納涼会「晩夏の夜の集い」開催のご案内

恒例となりました国分寺稲門会の納涼会「晩夏の夜の集い」を今年も開催します。昨年好評を得たイタリアンレストランの一室を貸し切っての開催です。
夏の終わりと秋の訪れの風を感じながら、大いに飲み・語り、楽しい時、間を過ごしましょう。
皆様の奮ってのご参加をお待ち申し上げております。
開催内容は、下に貼付のチラシをご覧ください。

1開催日時 2018年9月4日(水) 17:30~19:30
2開催場所 国分寺市本町2-14-3 ITプラスビルB1 Farm to table De salita(デサリータ) TEL.050-3466-8268  
3食事 提携農家から仕入れた新鮮野菜で作る絶品イタリアンを堪能できるパーティーコース。
絶品のジェノベーゼピッツァも堪能できます。
ビール,ワイン,ウイスキー,カクテル,ソフトドリンク他飲み放題(日本酒有り)

4費用 5,000円/人
会場都合により、参加人数35名様まで。先着順に受付(満員次第締切)

下のチラシはクリックすると拡大します。


 

第107回 国分寺稲門会麻雀大会

第107回 国分寺稲門会麻雀大会

第107回国分寺稲門会麻雀大会は、7月18日(木)国分寺駅北口にある雀荘MAPで開催。
今回は16名が参加して、熱戦が繰り広げられました。
当日の成績は以下の通りとなりました。
 ・優勝  坂本  +118 (写真)
 ・準優勝 清水  +102
 ・3位  水落  + 56

優勝した坂本さんはスタートからトップを走り、追走する清水さんを振り切り念願の初優勝を勝ち取りました。
準優勝の清水さんは、途中、役満〔四暗刻〕を上り激しく坂本さんを追い上げましたが、16点及ばず準優勝に終わりました。
3位に入った水落さんは手堅く得点を重ねましたが、上位2人のこの日の勢いには及びませんでした。
また、仕事の関係で暫く麻雀大会を欠席していた久保田さんが今回より再びメンバーに加わりました。久々の麻雀だったと思いますが、4位に入賞しています。お見事。

次回大会(第108回)は9月19日(木)の開催を予定しています。

             幹事  青木壯司(記)
                 日置憲二郎


 

ボーリング同好会(7月15日)

715日 ボーリング結果

今年の梅雨は、長いですね。
今日は総じてスコアがワンランク落ちた感じです。

 

 

1G

2G

3G

合計

AVE

1

岩崎

134

139

143

416

138.7

2

浅野

148

108

126

382

127.3

3

増本

109

102

123

334

111.3

 

岩崎は、尻上がりではありましたが、珍しくスプリットが5回も出て、スコアがまとまりませんでした。
浅野さんは、1Gに148という好スコアを出したのですが、その後はスペアが取れなくなり苦労したようです。。
増本さんは早起きしたせいで、まだ眠いと言いながら投げていました。やはり、スペアが取れずに苦労していました。次回に期待です。

次回は7  28日(日) に予定して下さい。
750分集合です。前日は早く寝ましょう。

今後の予定  会場の都合 (全館貸し切り) で変化することがあります。

2019年   8月11日    8月25日

岩崎(記)


 

令和元年7月カラオケ例会(2019年7月5日)

令和元年7月カラオケ例会

「カラオケ同好会」の7月例会が梅雨空の7月5日(金)13時よりシダックス恋ヶ窪クラブにて開催された。
今回は黒川、谷口、千原の長老が残念ながら体調不良等で欠席であったが、近隣仲間から 東村山:松永・田口、国立:扇田・小野沢そして三田会:染谷の5氏がいつも通り参加されて盛会となった(21名)
冒頭、清水会長より国分寺寄席・麻雀同好会・ゴルフ等、予定行事他の諸連絡があった。次に恒例の誕生祝いに移り、7月生まれは松永(東村山)、中村、舘、下山の4名であり、先ずHappy Birthday to you を全員で合唱し、バースディケーキのキャンドル消しでお祝い、続いて大橋幹事より各人にプレゼントが贈られた。代表して松永より「こんなに充実して盛大で和気あいあいとしたカラオケ同好会は他にない。自分は124回の出席になるが、あと2年(150回)を目標にしたい」と御礼の挨拶があり、会を代表して田中より祝辞/乾杯があり誕生祝いを終えた。
今月の歌「たなばたさま」「夏の思い出」「琵琶湖周航の歌」と「この町で」を全員で合唱。そしてカラオケ開始。
アルコールよりも歌好きの何人かは106号室に,アルコールも歌も好きな元気なメンバーは107号室に残りカラオケが始まった。さすが常連の田中などは研究熱心で古い歌ではなく「丘みどり」の最新演歌を披露。中でも野部は隠れた名曲を連続して歌唱、「ともこ」では朗々と語りを入れ拍手喝采を浴びた。各人歌い飲み食べて17時の中締めの頃には三々五々退席者があった。
まだ歌い足りないメンバーは全員107号室に集結、「5時から男」の久保田は珍しく早めに登場し間髪を入れずに自慢ののどで演歌をジェスチャー交え5曲ほど熱演。所用で退席していた日置が閉会間際に到着、総員11名は肩を組み応援歌「紺碧の空」を大合唱。最後は下山の初々しいエールの発声で締め。歌声が天に届いたか最後まで雨は降らず18:15散会となった。

出席者(50音順):青木、大橋、久保田、小林、清水、下山、眞宅、田中、舘、中村、中山、野部、原、日置、山崎、吉松、松永(東村山)、田口(東村山)、染谷(三田会)、小野沢(国立)、扇田(国立) 以上21名。           (下山 登(記))

下の写真はクリックすると拡大します。


 

町歩きの会(2019年7月3日)

旧東海道を歩く(北品川→大森)(2019年7月3日)

国分寺稲門会「町歩きの会」は東京近郊をフィールドに下記の3つが主な目的である。

  • 歩く、健康維持/増進、 
  • 町の歴史・文化を知る、
  • 町の名物・美味しい食物・旨い酒を味う。


令和元年7月3日(水)9時半に国分寺駅集合。
北品川から大森までの18,000歩・旧東海道を歩いた。梅雨空続きで気を揉んだが19人の日頃の精進のお蔭か、絶好の散策日和となった。

先ずは徳川家光と沢庵和尚の問答で有名な「問答河岸跡」、幕末に勤皇志士が密談をこらした「土蔵相模跡」、明治天皇が東京に下って来られた時に宿泊された「品川本陣跡」、「一心寺、法禅寺、荏原神社、江戸六地蔵の品川寺」などを見物。
昼食は創業安政三年の老舗「そば会席 吉田屋」で蕎麦と銘酒を堪能した。
食後は「鈴ヶ森刑場跡、品川歴史館、大森貝塚碑」等を見学し、16:30過ぎ、無事ゴ―ルの大森駅に着いた。
昔の道幅が残る旧東海道、懐かしさが感じられる町品川を堪能した日帰りの旅でした。
品川区の観光エリアとしてよく整備された街並みでした。

参加者:浅野道博、大橋忠弘、小田切三千代、小林 昭、島崎幸男、清水 元、下山 登、眞宅康博、陶久 清、染谷嘉男、中島巌、中村俊雄、中山斌雄、中山利子、野部明敬、日置憲二郎、増本千明、宮坂尚利、山崎重義

(中村俊雄 記)

写真集(クリックすると拡大します)


 

ボーリング同好会(6月30日(日))

ボーリング同好会(2019年6月30日)

梅雨空のもと、3人で練習をしました。
今日は総じてスコアが良かったようです。

 

 

1G

2G

3G

合計

AVE

1

岩崎

166

145

144

455

151.7

2

浅野

149

132

136

417

139.0

3

増本

114

128

155

397

132.3

岩崎は、1G目に二本残しで、ノーミスを逃しました。2G以降はスペアが取れず苦労をしましたが、それぞれダブルがあったお陰で、何とか450を超えました。
浅野さんは、確実にヘッドピンを捕らえていましたが、スペアがもう少し取れれば、というゲーム展開でした。この調子で次回に期待しましょう。
増本さんは早起きしたせいで、疲れが取れなかったようですが、尻上がりに調子を上げ、3Gではトップでした。この調子だと、次回の順位は全く分かりません。

次回は7  15日(月) に予定して下さい。
750分集合です。前日は早く寝ましょう。

今後の予定  会場の都合 (全館貸し切り) で変化することがあります。
2019年  7月28日    8月11日    8月25日


 

2019年「カラオケ同好会」6月例会

2019年「カラオケ同好会」6月例会

「カラオケ同好会」の6月度例会は、梅雨の合間の6月14日(金)13時よりシダックス国分寺恋ヶ窪クラブにて開催された。
恒例により不二家製バースディケーキのキャンドル消しと記念品の授与があり、6月生まれの青木、日置、田口(東村山)扇田(国立)の4氏(写真)に会の次期幹事長の大橋から記念品が贈られ、受賞者より挨拶があった。
次に会の幹事長清水より今月をもって退任するとの説明と、同じく退任するアシスタントの吉田悦子氏に対するねぎらいの言葉と本人から16年に及ぶ思い出と惜別の挨拶があり、清水より感謝状(写真)と記念品が贈呈された。
さらに長老の千原からの言葉、123回出席の松永(東村山)の挨拶、新幹事団である大橋、江連、下山より自己紹介があり、黒川の音頭で乾杯を行った。
6月の歌は「月の砂漠」、「城ケ島の雨」、「雨降りお月さん」の3曲、そして「この町で」を全員で斉唱し、106,107号室に分かれて漸くカラオケが開始された。
高齢とは言え探求心の強いメンバーが多く、新曲やレアな曲を次々と間断なく披露した。時間の経つのを忘れ、いつの間にか17時の中締めとなった。5時から男の久保田が到着しお得意の演歌を連続して披露した。尚彼は8月から幹事に加わり、清水も幹事就任100回目の8月までは務めて欲しいとの大橋幹事等の強い要望があり、それ迄延長し引き受けることとなった。
お酒もなくなり、冷酒の追加とビールなどのカンパで潤沢になり更に飲み、歌い続けた。
フィナーレは中山、青木、小野沢(国立)、日置、原、清水、眞宅、久保田、下山、吉田の10名が残り、各人歌い納めをし、肩を組んで応援歌「紺碧の空」を元気よく歌い中山のリードで本締めとなった。終了18時50分。
出席者25名(順不同):青木、江連、大橋、黒川、久保田、小林、清水、眞宅、田中、谷口、千原、中村、中山、原、日置、増本、下山、吉田、松永(東村山)、田口(東村山)、染谷(三田会)、金子(小金井)、西村(小金井)、扇田(国立)、小野沢(国立)。  以上
(下山 登(記))