ハイキング愛好会<多摩川~府中郷土の森>(2018年5月29日(火))

 コース選定にはいつも悩まされています。
かつてのように高尾山や奥多摩の山々等の低山歩きが良いのか、あるいは膝に負担の少ない平地歩きが良いのか、という問題です。
自身が長時間歩くことに不安を抱えているため、健脚向きには申し訳なく思っていますが、今回もまた前2回(小平グリーンロード、立川市の根川緑道)に続いてアップダウンの少ないコースを選びました。

 5月29日(火)9時30分に京王線中河原駅に集合、今日のコースは多摩川堤~府中郷土の森~大國魂神社全長6kmです。参加者は男性8名、女性4名の12名で、男女ともメンバーは固定してきています。

 鎌倉街道を南に向かって関戸橋北まで歩き、橋の袂から多摩川の河川敷に降りて、夏草が生い茂る中を一列縦隊で進みます。
途中、桑の木を見つけると、熟れた実を口に含み、甘い味と共に子供のころを思い出すシーンや雉(きじ)が草むらから突然現れ、我々一行を先導する一幕がありました。
天気は曇りで少し蒸し暑く、多摩川を渡る風が期待ほどではなかったため汗がにじみ出ています。水分補給をこまめにしながら、歩き始めて1時間、ようやく郷土の森公園近くのベンチに到着、暫しの休憩となりました。

 

 府中郷土の森の梅林では実の収穫は既に終わり、現在はあじさい祭りを開催中でした。まだ始まったばかりで色づきはこれからといったところです。
園内には博物館、プラネタリウム、歴史的建造物のほか幼児向けの芝生広場や水遊びの池があり、大人から子供まで楽しめます。
銘々ここで過ごした後、12時過ぎにゴールを目指して再出発、綜合卸売センター、サントリービール工場を横目に一路大國魂神社へ向かいます。

 武蔵の国の一宮、大國魂神社は子供の頃から慣れ親しんできた神社です。
くらやみ祭り、近所の兄ちゃん達に連れられて行った参道のサーカス小屋、ラムネで喉を潤しながら食べた綿あめ、国分寺では味わえない別次元の世界でした。そのほか、すももまつり、栗祭り、色々な年中行事がありました。今でもあるのでしょうか。
 
 さて、今日の締めは神社に近接するイタリア料理店です。飲食と歓談で楽しいひと時を過ごした後、午後2時過ぎに散会しました。

(記・山田)

 

 

カラオケ同好会6月例会(6月1日)

カラオケ同好会 6月例会

6月例会は新緑が少し濃くなり、紫陽花も青、ピンクも鮮やかさが目立つ、梅雨入り前の爽やか貴重な一日6月1日(金曜日)の13時~17時(中締め)~19時まで、いつも通りの「シダックス恋ヶ窪」で開催された。

実は前日TV,新聞で「シダックス」がカラオケ部門から撤退し「カラオケ館」に売却のニュースが流れ、これも来月からとのことで急ぎ確認した。結果は業務提携で、営業内容は何ら変わらずに継続とのことで暫し安堵した。(ゆくゆくは営業内容が変わることもあるのか?)

さて、今月の参加者は、20名で、幹事二人が生憎欠席したが、常連がほぼ出席して、いつも通りの和やかな楽しい会であった6月の誕生祝いは、設立時からの参加メンバー青木さん、体調維持に腐心中の?日置さん、東村山の田口さんの3人で、Happy Birthday を合唱し、バースデーケーキのキャンドルを前に記念撮影、それぞれにプレゼントを贈り、89歳の千原さんの発声で“乾杯”、生ビールを飲みほした。あと誕生月の方からそれぞれ挨拶があり、田口さんからは、今年81歳を迎え、“81歳と18歳の違い”が披露され、曰く道路を暴走するのが18歳、逆走が81歳、心がもろいのは18、骨がもろいのは81、偏差値が気になるは18、血糖値は81など、皆さん頷いて大いに笑った6月の歌は、「月の砂漠」「雨降りお月さん」、「城ケ島の雨」、そして「この街で」を全員で合唱したが、「城ケ島の雨」は本格的な歌曲?でみなさん苦心したが、どうやら熟した。

後は107、106号室に分かれて本来のカラオケに突入した。107号室は原さん、中村、青木、安藤、舘、最高齢の谷口さんの青春の歌、黒川さんの戦前の懐かしのメロディ、松永さんの年季の入った情感にあふれた歌、眞宅さんの渋い喉、そして野部さんの好きなレーモンド松屋の歌、中山さん十八番の大東京音頭、吉田さんとのデュットなどをまじえ、途中国産高級ウイスキー品薄の中、貴重なニッカの「余市」を堪能しながら大いに盛り上がった。106号室は、いつもの様に、染谷、北川、吉松に日置、田口が加わり、曲目はポップスからラテン、シャンソン、演歌まで、時には英語・スペイン原など原語で歌い込み、レベルの高いカラオケを披露、清水は飛び入りに1曲歌い退散した。5時前には何時ものように久保田さんが駆けつけ、好きなビールを飲み、ボディアクションをまじえ新曲を披露し、北川さんの本格歌唱ともども大喝采をあび、たっぷり6時間を歌い、飲み、食べ和気藹々のひとときを過ごした。最後は原、野部、青木、吉松、北川、久保田、日置、清水、吉田といつもより多い半数の9名が残り、「紺碧の空」を高らかに歌い、原さんの一本締めでお開きとなった。北川、青木、日置、吉田など延長戦を楽しんだらしい。

歌うことは人間本来の欲求です。カラオケは日本が生み・発明し、世界に普及した素晴らしい文化です。歌っているうちに楽しさや心地よさに酔いしれて、いやな事も全てわすれてしまう実に“いいくすり”です。カラオケは心身の健康維持に大いに役立っています、是非一緒に歌いましょう。

 

 

 

町歩きの会<巣鴨地区探訪>(2018年5月16日(水))

平成30年5月16日(水)、気温は真夏日並みの快晴、東京都豊島区の巣鴨地区を廻りました。

江戸時代この辺りは、江戸町奉行所の支配下に置かれ、広大な大名の下屋敷や武家の住居、薬草園で占められており、中山道沿いの町並として大いに賑わいをみせていました。板橋宿への途中で庚申塚には問屋場や茶屋、種子屋があり、その様子は安藤広重の「江戸名所図会」にも載っている。

 

今回のコースは国分寺駅9:30集合で、新宿駅―巣鴨駅―徳川慶喜梅屋敷跡―染井吉野の碑―大都映画巣鴨撮影所跡―妙行寺―延命地蔵尊―巣鴨庚申塚―高岩寺((とげぬき地蔵)―巣鴨とげぬき地蔵商店街でショッピング―真性寺(江戸六地蔵)―鮒いち(昼食)―本妙寺―慈眼寺―都営染井霊園を横目に巣鴨駅―国分寺着は17:00前でした。

先ずスタートは明治30年に徳川慶喜が静岡の謹慎生活から28年ぶりに帰京し移り住んだ、巣鴨邸跡碑を訪ねた。

中村幹事から“中山道(白山通り)に面して門があり、3000坪の広大な敷地には水戸に因み梅林があり「ケイキさんの梅屋敷」と呼ばれ親しまれた”等の説明があり、続いて染井吉野の碑に廻り・ご存知気象庁の桜開花の「桜」はソメイヨシノで、染井村の植木職人がエドヒガンとオオシマザクラを交配したのがルーツだと云われている。その後吉宗の命で飛鳥山に桜を植樹したとのこと。

この地域は史跡、お寺が多く、大都映画撮影所跡地に移動、大都は戦前の娯楽映画会社で、いわば大映の前身ともいえる映画会社、伴淳三郎、水島道太郎等が在籍した。慈眼寺は芥川龍之介、谷崎潤一郎の墓、妙行寺には四谷怪談で知られるお岩さんの墓があり、本妙寺は江戸町奉行の遠山景元、囲碁家元の本因坊家、北辰一刀流の千葉周作の墓があり、千葉家の墓では丁度墓参に訪れた7代目子孫の女性としばし有名剣豪の話題に花を咲かせ、それぞれお参りした。

巣鴨地蔵通り商店街(おばあちゃの原宿)では名物塩大福を買い求め、高岩寺(とげぬき地蔵)では古くからここのお札を飲むと悪いところが治ると信仰されており、お札を購入した。また洗い観音に水をかけ、その水で自分の悪い箇所(観音様の)を洗うと治るといわれ、皆それぞれおもいおもいに水をかけ洗ったようで、ご利益を期待した。神頼み?が通じれば幸い。 

昼食は小料理の「鮒いち」で・先ずは渇いた喉がお待ちかねで、生ビール、酒で乾杯し、刺身/焼き鳥/サラダ/から揚げに最後は名物釜飯で胃袋を満たした。食後は積み残しの行程を完歩し、帰路に着いた。

30度に近い高温の中、1万数千歩を歩き疲れたが、良い一日でした。蛇足ながら真性寺は清水会長の母方先祖代々の墓所があり、また地蔵建立の際はそこそこの寄進をしたらしく、台座後ろに名前が刻まれているとの事、ついでに祖父、伯父の墓にお参りした様だ。

 

 

参加者:
眞宅康博、野部明敬、清水元、島崎幸男、舘 外博、舘夫人、中山斌雄、中山夫人、浅野道博、
青木夫人、吉田夫人、幹事:日置憲二郎、中村俊雄

(幹事 中村、日置記)

 

 

 

ボーリング同好会(2018年5月13日(日))

暑かったり、寒かったり、着るものの判断が難しいですね。
今日は理久君が、初めてガーター除けを使わずに挑戦しましたが、少し早かったようです。
東京都の体育大会を隣でやっていましたが、なかなかスコアはまとまらないようでした。

  氏名 Ave T 1G 2G 3G
岩崎 明 148.7 446 164 137 145
遁所 剛 132.7 398 128 142 128
阿部芳博 110.0 330 90 142 98
良太 99.0 297 66 98 133
遁所理久 65.0 195 48 67 80

岩崎は、スタートがGでどうなるかと思いましたが、なんとか持ち直しました。
遁所剛さんは、惜しい投球が続き、スコアが伸びませんでした。ヘッドピンを取れないと苦しいですね。
阿部さんは、不調と言いながら、2Gは142をマークしました。AVE110と次回に期待です。
良太君は、3Gには133まで出したように、丁寧に投げれば、いいスコアを出す力がついて来ました。
理久君は、直接ピンまで届くようになったので、ガーター除けを外しましたが、まだちょっと早かったかな。
2Gからは使用したら、回復。スペアが3回もあり、ガッツポーズです。

温度変化が激しい季節ですから、体調には注意しましょう。

次回は5月27日(日) に予定して下さい。
8時スタートです。前日は早く寝ましょう。

 

今後の予定 

会場の都合 (全館貸し切り) で変化することがあります。
2018年 6/3  6/17

 

 

麻雀同好会100回記念大会、懇親会(2018年5月13日)

麻雀同好会の大会は平成13年に原則隔月開催で始まり、以来17年が経過。
この度5月13日(日)、100回記念大会と懇親会」を開催した。
大会はホームグランドの三千院で11時から、懇親会はお馴染み中華料理「龍栄」で18時より各々実施した。100回記念に相応しく参加者は24名、6卓で賑やかで盛大な大会となった。参加者は下記、

  • 国分寺稲門会:青木、浅野、北川、小島(猛)、島崎、清水、舘、千原、中山、野部、原、日置、廣田、水落、廣田夫人、山口(慶)、
  • 東村山稲門会:松永、阿部、池田、
  • 小金井稲門会:金子、小島(敏)、
  • 小平稲門会 :山口(勝)、木本、
  • 西東京稲門会:岩田、

競技は何時もの通り半チャン5回戦。1回1回成績順に卓を入れ替え、最後は上位者同士の潰し合いの決戦になり、トータルの点数で順位を決めた。
何時になく6卓での戦は熱を帯び、国士無双など役満も飛び出し、時々大きな歓声も聞こえて和気藹々で麻雀を楽しんだ。

今回の勝者は役満をあがった日置さんのブッチギリ優勝で、100回目の優勝者として記念に名前を残す事になった。
準優勝は舘さん、3位は水落さん、4位小島(猛)さん、5位野部さんでBBは山口勝さんでした。

ところで、100回・100人の優勝者の内、記念すべき第1回優勝は錦織さん、50回は嶺さんで、優勝回数は廣田さんの12回がトップで、以下千原さん9回、青木さん8回、清水、山縣6回でした。中には惜しくも亡くなられた方もおり、一緒に楽しみ、盛り上げてくれた仲間としてご冥福を祈るところである。

実に麻雀はツキ/運と技術半分と云われていますが、誰にでもチャンスがあり、ピンチもあります。役満を上がる人から5回全部マイナス点とツイテいない者もいたようだ。万歳!orアア無情!と云うところかな。

大会終了後は生憎の降雨のなか龍栄に移動し、テーブル3卓で懇親会が開催された。
引き続き青木、浅野、阿部、金子、北川、小島(敏)、島崎、清水、千原、中山、野部、原、日置、廣田、松永、山口勝の16名が出席、眞宅さんは別に馳せ参じて17名が出席した。
冒頭、廣田幹事より100回を終えた区切りに幹事を退任し、新たに青木幹事・日置補佐の新体制の紹介があった。清水から廣田幹事の永年に亘る労をねぎらうと共に感謝の言葉と乾杯の発声でパーティが開幕。麻雀談義、世相談義、早稲田関連の話に花を咲かせ、大いに飲み、林紀久子オーナー差し入れの“ふかひれ”などに舌鼓をうち、中華料理を楽しんだ。

最後に野部さん、眞宅さんの口上に合せ“人生劇場・口上つき”を4番まで合唱。校歌斉唱と続き、中山のエールでお開きとなった。

                             (記)廣田 廣

 

カラオケ同好会 5月例会 (5月11日)

カラオケ同好会 5月例会

5月の例会は、ゴールデンウイークをはずして、第二金曜日の11日、13時から17時~中締め後19時まで、いつも通りのシダックス恋ヶ窪で開催された。前日まで、5月とは思えないほどの冷たい雨が降っていたが、カラオケ同好会の開催を待っていたかのようにスッキリと晴れ上がり、風薫る五月晴れとなった。今月の参加者は、20名で、いつもの常連数名の欠席はあったが、大橋夫人、東村山稲門会の田口さん、三田会の染谷さんが出席され、和やかな楽しい会となった。

出席者の中で,5月の誕生祝いの対象者は、昭和4年生まれで、数え年で卒寿を迎えられた千原一延さんを筆頭に、小林昭さん、北川道夫さん、江連孝雄の4名で、益々の健康を祈念して、Happy Birthday を合唱し、バースデーケーキのキャンドルを前に、記念撮影、その後それぞれが希望したプレゼントを贈り、11月には90歳を迎え、益々元気な谷口和典さんの発声で“乾杯”を行い、生ビールを飲みほした。また、明日の母の日にちなんで、いつもお世話になっている吉田ママにチョコレートのプレゼントをした。

5月の歌は、「鯉のぼり」「母さんの歌」、茶摘みの季節、静岡関連で「旅姿三人男」、そしてカラオケ会のテーマソング「この街で」を全員で合唱した。また、誕生月の方からは、千原さん「北の旅人」、小林さん「ふるさとは今も変わらず」、北川、江連「5月のバラ」のリクエストがあり、声を合わせて歌った。

アルコールが少し入ったところで、本番のカラオケは107号室、106号室に分かれて楽しんだ。

106号室は、いつもの様に、染谷、小林、北川、江連が集まり、現代のポップスからラテン、演歌まで、いろいろな曲を歌っているところに、大橋夫妻、清水が加わり、和やかな中にも、レベルの高いカラオケ会となった。特に、大橋夫人の魅惑のシャンソンに男たちの耳も心?も奪われた。

107号室は、差し入れの「ジョニーウオーカー、グリーンラベル」を堪能しながら、谷口さん、千原さん、原さん、青木さん、松永さんを中心に懐かしのメロディーで大いに盛り上がった。特に、卒寿を迎えられた、千原さんのいかにも楽しそうな歌い振りは印象的だった。5時には何時ものように久保田さんが職場から駆けつけ、好きなビールを飲み、ボディアクションをまじえ新曲を披露した。

最後は原、青木、中山、北川、久保田、清水、吉田の7名が残り、校歌斉唱と中山のリードでフレフレ―早稲田で閉会となった

歌うことは、心肺機能を向上させ、脳を活性化させ、免疫力を向上させます。90歳を超えてもまだかくしゃくとして歌い続けている先輩も沢山おります。当会の特長“一つの曲を歌いたい人が分担して歌う”は、友人と気持ちを通じ合い、大声を出し、エネルギーを発散し、大いに心身のリフレッシュになること請け合いです!!                          (文責 江連)

 

ボーリング同好会(2018年4月23日(日))

夏日が続きますが、お元気でしょうか。季節の花が、例年より半月から1カ月は早い感じがしますが、観光地には影響が出るでしょう。
今日は、平均年齢がぐっと下がった感じがします。理久君は、これまでの最高得点をマークしました。

    Ave T 1G 2G 3G
1 遁所 剛 144.4 434 147 146 141
2 岩崎 明 138.3 415 164 119 132
3 良太 119.3 358 136 89 133
4 遁所真美 95.3 286 95 91 100
5 遁所理久 80.7 242 82 82 78

 

遁所剛さんは、極めてコンスタントなスコアでトップに立ちました。でも150を切ったので悔しがっていました。
岩崎は、アップダウンの激しい一日でした。腰に疲れが出て来ると、スコアがまとまりません。
良太君は、ヘッドピンに当たる確率が増えたのか、ほぼAVE120を達成しました。
遁所真美さんは、惜しくも100ピン越えは逃しましたが、安定したスコアでした。
理久君はこれまでの最高記録を更新。ついに80を超えました。スピードが出てきたので、これからに期待が持てそうです。

温度変化が激しい季節ですから、体調には注意しましょう。

次回は5月13日(日)に予定して下さい。
8時スタートです。前日は早く寝ましょう。

今後の予定  会場の都合 (全館貸し切り)で変化することがあります。
2018年 5/13  5/27

 

カラオケ同好会4月例会

カラオケ同好会4月例会

4月例会はいつもの通り第1金曜日の6日、13時からシダックス恋ヶ窪で開催された。参加者は常連数名が欠席し、18名と最近になく少なかった。今月は昨年同様5時30分に終えて、国立の夜桜見物、美味い蕎麦屋で一席と云う企画でしたが今年の桜の開花は早く、今回は葉桜見物、途中で枝垂れ桜を垣間見て、有志7名が蕎麦屋「かな井」へ移動し、8時にお開きとした。

例会はいつになくビールのサーブが順調で、冷えて、白い泡が美味しそうに、テーブルの上で手招きをしていたが、しばし我慢し、4月の歌を歌い、出発と出会いの時季に相応しい「贈る言葉」あと季節の歌「朧月夜」、「花」と田中さんの生まれた昭和11年にリリースされた名曲「花言葉の歌最後は我が会の歌「この街で」を歌い傘寿を2つ過ぎた田中康義さんの誕生を祝い、Happy Birthdayを合唱しバースデイケーキのキャンドルを前に、記念撮影、あとご希望のチョコレートをプレゼントし、漸く黒川さんの発声で“乾杯”とビールを飲み干した。

本番のカラオケは107号室、108号室に分かれ夫々楽しんだ。歌は中村さんのお得意の歌で幕開け、続いて吉松さんの正統な歌いっぷり、原、田中、青木、安藤、舘が続き、最高齢の谷口さんの青春の歌黒川さんの懐かしのオールドソング、松永さんの女心に迫る、年季の入ったモダンな歌、田口さんお気に入りの名曲、吉田さんとのデュットなどを挟んで盛り上がり、眞宅さんの得意の渋い喉、そして野部さんの「なごり雪」を捩った「なごり寿司・(寿司を待つ君の横で僕は値段を気にしてる、季節外れのブリが光っている・・・)は前の「と・も・こ」に続いて大いに喝采を浴びた。108号室では江連、北川、大橋など夫々歌い熟した得意の歌を歌い上げた。青木さんは途中で合流したが、うまく馴染めずに大部屋にしっぽを巻いて?戻り、声を張り上げ熱唱した。皆さん流石に歌好きのメンバーで、多士済々である。フィナーレには8人が残り「紺碧の空」を声高らかに合唱し、原さんのエールで、5時30分にお開きとなった「カラオケ好き」は“ボケ”知らずとか、日本が生んだ素晴らしい文化です。歌うことは全身運動であり、歌詩を覚えることは脳のトレーニング、そして何と言っても友達が出来て楽しいことでしょう。カラオケはボケ防止にもつながります。

当会の特長・“一つの曲を歌いたい人が分担して歌う”は、1人数曲以上歌うことができ、大声を出し、エネルギーを発散、大いに心身のリフレッシュになること請け合いです!!

(寄稿:清水 元、 投稿:江連孝雄)

 

 

ボーリング同好会(2018年3月10日(日))

春の大雨で、ビックリしました。今週はこれから暖かくなりそうです。
いい季節になると、ボーリンク場も貸し切りが増えて、取れにくくなります。

    Ave. T 1G 2G 3G
岩崎 明 152.3 457 170 121 166
増本千明 121.0 363 128 122 113

 

岩崎は、リラックスして投げられたのか、珍しく170を出しました。
増本さんは、税務署の仕事が忙しい中、参加してくれ、頑張っていました。
良太君は、学校の関係でお休み。
遁所家は、体調不良でお休み。

気候変動が激しい季節ですから、体調には注意しましょう。

次回は  3月25日(日) に予定して下さい。
8時スタートです。前日は早く寝ましょう。

今後の予定  会場の都合 (全館貸し切り) で変化することがあります。
2018年  4/7  4/22

 

 

 

ボーリング同好会(2018年3月25日(日))

春だねー。 そだねー。 と言いたくなります。
桜の花が満開になるというからか、ボーリング場は空いていました。

    Ave T 1G 2G 3G
遁所 剛 174.0 522 182 179 161
岩崎 明 159.3 478 178 134 166
阿部芳博 122.0 366 158 96 122
遁所真美 116.3 349 107 123 119
良太 79.7 239 39 93 107
遁所理久 71.0 213 83 70 60

 

遁所剛さんは、久しぶりに500を超えました。Ave174は立派なものです。
岩崎は、どのゲームもスタートが悪かったのですが、途中からストライクを重ね、頑張りました。
阿部さんは、久しぶりの参加ですが、何と158という好スコアを出しました。
遁所真美さんは、確実に上手になっています。AVE120超えも近いですね。
良太君は、スタートが悪かったのでトータルはさんざんですが、尻上がりに調子を上げています。
理久君はスコアに関係なく、元気一杯。4月から小学生だもんね。スペアも取りました。

気候変動が激しい季節ですから、体調には注意しましょう。

次回は  4月7日(土) に予定して下さい。
8時スタートです。前日は早く寝ましょう。

今後の予定  会場の都合 (全館貸し切り) で変化することがあります。
2018年 4/7  4/22