カラオケ同好会 2020年1月例会報告

カラオケ同好会 2020年1月例会報告

1月7日(火)13時よりカラオケ同好会がシダックス国分寺において20名が参加して開催された。
冒頭、幹事の清水より「新年おめでとう」の挨拶・大学の近況・本会の生い立ちなどを話し、「会のマンネリ化を避ける意味で更に楽しみな企画を導入したい。会の名称についても「カラオケサロン」などより広く中味のあるいいものがあれば変更したい」との提案があった。
続くイベントでは「昨年1年間12回出席の皆勤賞の大橋・中村・田口・小野沢・清水の5名に表彰状と記念品(例年通りボールペン)を贈呈」(清水は授与する立場で外した)。続いて「11回出席の精勤賞者に表彰状と記念品を贈呈」。精勤賞者は青木・下山・中山・原・松永の5名。さらに今年の干支・ネズミ年の年男:小野沢・下山・眞宅(欠席)に🐁の置物(石鹸)等が贈られた。
そして毎月恒例の誕生月お祝い:1月生まれの原・染谷・小野沢の3名がバースデイケーキの前に座り、原にはハンカチセット、染谷・小野沢には行列のできる吉祥寺小笹の最中と紅茶が贈られた。「ハッピー・バースデイ」を全員で合唱してローソク消しを行い、各人より返礼の挨拶があった。さらに出席者全員には福袋が回覧され、好みのものを受け取った。イベントの最後は全員でビールで乾杯。乾杯の音頭は最長老の谷口が行い喉を潤した。
今月の歌「一月一日」「冬景色」「銀色の道」そして「この町で」を歌い、106・107号室に別れてカラオケに入った。およそ一年ぶりに顔を見せた安藤は張り切って開始1時間前に誰よりも早く着席し、歌も先頭を切って披露した。
いつものように106号室には吉松・日置・染谷・小野沢が移り、後で清水・中山などの歌好きが集合。一方107号室ではあっという間に10曲以上が予約され、集金担当の下山が遅れて選曲したときにはすでに50分待ちくらいになっていた。中でも卒寿組の谷口・黒川・千原はご機嫌で、何曲も披露し年頭から達者なところを見せ元気オーラを放った。全員歌い・飲み(銘酒「都の西北」やブランドスコッチ2本の差し入れもあり)笑い・語り・楽しく和やかに時間が過ぎて17時に中締めとなった。
その後、全員107号室に集結して、懐かしいハワイアン・スタンダード・ビートルズなど英語曲のヒットパレード。最後は青木・久保田・清水・下山・野部・日置・小野沢の7名が残り、年頭らしく校歌「都の西北」を声高らかに歌い19時近くに本締めとなった。

出席者20名:青木壮司、安藤康雄、大橋忠弘、黒川清知、久保田一輝、清水元、下山登、谷口和典、千原一延、中村俊雄、中山斌雄、野部明敬、原俊男、日置憲二郎、吉松峰夫、松永常尚(東村山)、田口政澄(東村山)、染谷嘉男(三田会)、大野正道(府中)、小野沢純一(国立)

   (下山 登(記))

 


 

国分寺サロン「Xmasパーティ」盛会に終了

国分寺サロン「Xmasパーティ」、盛会に終了

恒例の『クリスマスコンサートとティー&ワインパーティ』が盛会に開催されました(下記)。
12月21日(土)14~17時 西国分寺三百年古民家 (於)リトルプレイハウス(西国分寺駅南口)、

会員/家族、知人、近隣稲門会、三田会等64名が参加

ウエルカムドリンクでマテ茶(アルゼンチン国民飲料)を楽しんでいただき、大橋忠弘の進行でパーティー開始。
第一部深山祐国分寺南教会牧師の講話と賛美歌
第二部はアルゼンチン・タンゴ・・コンサート。オルケスタ・デ・タンゴワセダOB/OGの「ロス・ポジートス」による演奏ラ・クンパルシータ等全15曲の熱く、力強い、時に哀愁をおびた演奏と歌に拍手が鳴りやまなかった。
第三部ティー・パーティ。2019年ウバ・クオリティシーズン茶を嗜み乍ら、清水元・田中公子の「紅茶の話あれこれ」のおしゃべり。日本紅茶協会認定シニア・ティー・インストラクターの田中さんの入れる紅茶は流石に美味しい。
第4部はワイン・パーティ。ビンテージワインに杯を重ねて談笑に花が咲いた。
最後は『校歌』の斉唱。そして「紺碧の空」と「若き血」の早慶応援合戦となり、諸江昭雄のエールで本会の更なる発展を誓って解散した。

参加会員:青木壯司夫妻、江連孝雄、大橋忠弘、黒川清知夫妻、舘外博夫妻、清水元、眞宅康博、中村俊雄、中山斌雄、野部明敬、林紀久子、日置憲二郎、増本千明、田中邦子夫人、宮坂寿美子夫人、木村安子母堂、山岸信雄夫妻、
参加客員:大野正道(府中)、大野真美(府中)、井垣 昭(小平)、佐藤俊雄(小平)山本浩(小平)栗原政博夫妻(小平)小野沢純一(国立)、古賀良郎(西東京)、大内一男(東村山)、諸江昭雄(武蔵野)、片岡冬里(武蔵野)久保田貞雄(杉並)猪瀬俊彦夫妻(狭山入間)、石川誠(三田会)、池田敏雄(三田会)塩井勝也(三田会)、井上徹(三田会)、清水靖子(三田会)、鎌谷裕子(三田会)、深山祐他家族、友人。
     (日置憲二郎 記)

写真はクリックすると拡大します(撮影:舘外博)


 

カラオケ同好会(12月6日)

2019年12月カラオケ同好会例会

12月6日(金)午後1時よりカラオケ同好会例会がシダックス恋ヶ窪にて開催された。
冒頭、幹事の清水より稲門会の年末までの行事等の連絡があり誕生祝いに入った。今月の誕生日は大橋で、恒例によりバースデイケーキを前にロウソク消しを行い、happy birthdayを全員で合唱して祝福した。引き続き幹事の下山から誕生日プレゼントを贈り、大橋から一言謝意の挨拶があった。
乾杯の音頭は長老の黒川が行い、ビールを飲みほした。
今月は恒例ミニクリスマスプレゼント交換会を実施。ワンコイン程度(500~1,000円)で各自センスの良い、便利なものなど創意工夫して持ち寄り。幹事にてプレゼントに番号を付け、各自が引いた番号札に適合する製品を夫々に贈った。併せて贈り主からそれぞれギフトを選んだ理由を説明してもらった。
また清水より年初には例年通り年間の皆勤賞/精勤賞を贈る運びで、現在の記憶では大橋、中村、田口等が対象のようで、詳しくは記録を確認するとの報告があった。
今月の歌「ともしび」「ジングルベル」そして「この町で」を歌い107,106に分かれて本番に入った。
106に移動したのは吉松、染谷、小野沢、後から中山、清水も参加したがいつもより少人数であった。107は焼酎・日本酒・ウイスキー・ワインを飲みかつ食べ和気あいあいと熱唱が続き午後5時に中締めとなり三々五々退席。そして残ったのは清水、青木、原、中山、吉松、久保田、下山、小野沢と遅れて到着した日置の9名だった。
最後に校歌「都の西北」を3番まで歌い上げ原の一発締めで午後6時20分にお開きとなった。
*令和2年1月の開催はシダックスの正月価格を外して1月7日(火)になります。(第1金曜ではありません)

出席者:青木荘司、大橋忠弘、黒川清知、久保田一輝、清水元、下山登、舘外博、中村俊雄、中山斌雄、原俊男、日置憲二郎、吉松峰夫、松永常尚(東村山)、田口政澄(東村山)、染谷嘉男(三田会)、小野沢純一(国立)以上16名。

(下山 登(記))


 

町歩きの会:深川探訪

町歩きの会:深川探訪(2019年11月26日)

秋の町歩きの会は、2019年11月26日に15名が参加して開催しました。
今回、歩いた深川(江東区)は、隅田川河口部の東岸地域一帯をさす広域地名です。
徳川家康の江戸入府当時、この地域には大きな付洲・寄洲が形成され、干潟や萱野が広がっていたそうです。家康は摂津国(大阪府)出身の地侍:深川八郎右衛門にこの地の開拓を命じ、彼の姓をとって深川村と名づけました。

我々の町歩きは八郎右衛門が創建しました深川神明宮の見学からスタ-トしました。この日の気温は前日より10℃以上低く、午前中は霧雨が降っていたあいにくの天気でしたが、地下鉄森下駅から門前仲町駅まで10km弱を参加者15人全員が走破できました。
芭蕉記念館―横綱大鵬の大嶽部屋等の相撲部屋街―松平定信の墓所がある霊巖寺―江戸時代の庶民の生活と町並みを再現している深川江戸資料館―豪商紀伊国屋文左衛門の別邸であったと伝わる清澄公園を見学しました。
その後、昼食会場である長寿庵蕎匠へ。そこでは、町歩きの楽しみのひとつのその土地の名物料理、昔は深川の漁師に好まれた賄い飯「深川めし」を食し、その他、一品料理を味わい、美酒にも酔いしれ、和気藹々の時間を過ごすことができました。
昼食後は雨が止み、食後の運動よろしく、法乗院の深川ゑんま堂の巨大な閻魔様を観覧、深川のお不動さんとして名高い深川不動堂をまわり、最終目的地である江戸最大の八幡宮であると共に江戸大相撲の発祥地:富岡八幡宮を見学。境内には相撲関係の横綱力士碑、大関力士碑等がありじっくり見学の時間もとれました。
その後、門前仲町で解散し、無事今年の町歩きの会は終了しました。
往時の江戸を偲ぶ町歩きの一日でした。
最後に芭蕉が陸奥のへの俳諧行脚を志した時の句を記します。「草の戸も住み替わる代ぞ雛の家」

(中村俊雄 記)

 


 

国分寺稲門会「第109回麻雀大会」報告

国分寺稲門会「第109回麻雀大会」報告

第109回麻雀大会は11月21日、国立駅北口の雀荘「北家」において開催されました。
参加者は前回と同様の16名、4卓で熱戦が繰り広げられました。
今回の成績(上位入賞者、3位まで)は次の通りです。

  優勝   舘  +91
  準優勝 久保田 +57
  3位  水落  +32

舘さんは、誰もが認める実力者ですが、意外にも前回は最下位の16位でした。さすがに今回は実力を発揮、断トツのトップでした。
久保田さんは、前回の優勝に続いての準優勝。
水落さんも前回は準優勝で二人ともこのところ連続して好成績を収めているのが注目されます。

ゲーム終了後は希望者8名がそば処「かな井」へ集まり、旨い酒と手打ち蕎麦を楽しみました、

次回、110回大会は年が明けた1月の開催となります。日程が決まりましたら、別途ご案内いたします。

                    青木 壯司 記

(下の写真はクリックすると拡大します。)

 


 

第47回ゴルフ大会

国分寺稲門会「第47回ゴルフ大会」を開催

国分寺稲門会「第47回ゴルフ大会」を開催しました。
11月19日(火) 青梅ゴルフ倶楽部 東→西コース
参加者11名
今回は初参加の石橋巧太郎殿・池田健次殿を迎え、超若手の浅野剛殿、国立稲門会から小野澤純一幹事長と多彩なメンバーが揃いました。(写真:プレイ前、プレイ後)

好天にも恵まれて、同窓同好の方々と楽しい秋の一日を過ごしました。
結果は下記の通りです。
1位 松村英明氏(ベストグロス)
2位 宮坂尚利氏(ベストグロス同点)
3位 池田健次氏

おめでとうございます。
次回幹事は松村氏・野部氏となりました。宜しくお願い致します。
(大橋(記))

 


 

 

ゴルフ同好会:国分寺市民体育大会に参加。

ゴルフ同好会「国分寺市民体育大会:ゴルフ大会」で優秀な成績

2019年11月13日(木)国分寺市民体育大会のゴルフ大会が開催。会場は青梅ゴルフ倶楽部。JGAの正式ルールで行われる本格的ゴルフ競技会です。
当日は天候にも恵まれて、75名が参加。新ぺリアで競いました。
国分寺稲門会ゴルフ同好会からも6名が参加し、望外にも下記の立派な成績を収めました。
・シニアの部(60歳~70歳未満) 優勝:高柳修一氏
・グランドシニアの部(70歳以上)準優勝:大橋忠弘氏
・女子の部   優勝:松村眞由子氏(松村英明氏の奥様)

写真は国分寺稲門会の4名(他の2名は別組)。


 

ハイキング愛好会「秋の昭和記念公園」2019年11月13日

「秋の昭和記念公園」ハイキング

前日までの好天が一変し、鈍色の雲の下、11月13日(水)に秋のハイキングを行いました。
昭和記念公園 西立川口前に16名が集合園内を一周する計画です。幸い雨は降らず、また暑くなく、寒くなく、過ごしやすい一日でした。お子さん、お孫さんとは部分的に来園した方も多いと思いますが、今日は園内隅々まで巡る計画です。

西立川口から左回りに、レインボープール、かたらいのイチョウ並木、こどもの森、こもれびの丘、と歩きました。
一行はだらだらした長い列になってしまい、さながら、おしゃべりタイムのような状況で、中々ペースが上がりません。砂川口付近まで足を延ばして花の丘、こもれびの里まで行く予定はカットし、日本庭園に入りました。
今年は紅葉の時期が遅いと言われており、イチョウの葉は黄色の中に緑色が混ざっており、最盛期まではまだ一週間ほどかかりそうです(写真)。
一方モミジの紅葉は進んでおり、今が盛りの状況でした。その鮮やかな色合いをバックに写真を1枚。あとはみんなの原っぱを横切り一路、立川口を目指しました。

最後は疲れを癒し慰労する打ち上げ会。グランデュオの謝朋殿で喉を潤し、料理に舌つづみを打ち、歓談の内に散会をしました。

       山田 孝(記)


 

早稲田大学校友会「第11回ゴルフ大会」参戦記

早稲田大学校友会「第11回ゴルフ大会」参戦記

11月7日(木)久邇カントリクラブで「第11回早稲田大学校友会ゴルフ大会」が開催されました。久邇カントリクラブを貸し切り、今年は213名の方が参加。
国分寺稲門会は第3回大会に初参加して以降、今年で9年連続参加となります。しかも、昨年の第10回大会では「個人9位(舘)、団体17位(50団体)」の成績を残しました。

「今年は更に上の成績を」と意気込んだのが失敗で、肩に力が入り過ぎて4人とも散々な結果に終わりました。
それでも転んでもただは起きぬメンバー(写真)は「飛び賞」を3人が獲得し、立派な賞品を頂いて帰りました。(飛び賞=順位が5の倍数)

来年も参加できるように、体力の維持ともう少しスコアが良くなるよう練習に励みたいと思います。

 舘 外博(S48卒)(記)


 

カラオケ同好会、11月例会

カラオケ同好会11月例会

カラオケ同好会の11月例会は、秋晴れの11月1日(金)13時よりシダックス恋ヶ窪にて行われた。出席者は18名
冒頭、清水会長の挨拶、種々報告や今後の行事案内等があり、誕生祝いセレモニーに入った。今月の誕生日は3人で卒寿を迎えた黒川91歳の最長老谷口84歳を迎えた吉松の各氏で皆さん。老いてますます壮かんである。恒例によりバースディケーキを前にハッピーバースデイの斉唱のあとローソク消しを行った。大橋幹事長より黒川には卒寿祝いにプリザーブドフラワーと特製栗饅頭及び出席者全員からのお祝いメッセージが寄せ書きされた色紙(写真)が後程贈呈され、谷口にはチョコレート、吉松にはクッキーが贈られた。

乾杯は松永の音頭で行われ、引き続き各人から御礼の言葉があり、黒川(写真)からは「こうして元気でいるのは奇跡、私は病気のデパートで15の症状、医者通いは9か所であるが今もカラオケ、句会には参加している。奇しくも今日令和1年11月1日は黒川夫人の誕生日で、1尽くし・オール1になり誠にめでたい」のスピーチで、会場一同拍手喝采。
谷口(写真)は「91歳を超え、これからの目標は来年のオリンピックに置いたが、2026年の大阪万博に訂正する」と意気軒高なところを見せた。
吉松は「84歳になったが高血圧、心臓病、糖尿病を抱えている。高校は結核のため4年かかり大学も再発があって5年かかったがこうして元気でいる」とスピーチ。
次に今月の歌「虫の声」「旅愁」「月の砂漠」「故郷の空」と「この町で」を全員で斉唱し、106、107に分かれてカラオケに入った。
今回は常連の歌好き青木、千原、眞宅、染谷、小林等が欠席だったが、残りのメンバーで間断なく和やかな歌声が飛び交い、食事やビール・ワイン、焼酎で英気を養った。何故か比較的静かな交歓であったが、アルコール量の方は普段通の痛飲でノルマ?を果たした。17時には早めの中締めとなった。

出席者:江連孝雄、大橋忠弘、黒川清知、久保田一輝、清水元、下山登、谷口和典、舘外博、中村俊雄、中山斌雄、野部明敬、原俊男、日置憲二郎、吉松峰夫、松永常尚(東村山)、田口政澄(東村山)、大野正道(府中)、小野沢純一(国立)以上18名

(下山登 記)