町歩きの会「小金井を廻る」ご案内、2021年11月

町歩きの会「小金井を廻る」ご案内

新型コロナウイルス感染問題のため、1年半ほど実施できない状況が続いておりましたが、10月1日から緊急事態の解除が決まり、町歩きの会も感染対策を取った上、近場の町歩きから再開することにいたしました。

今回は、国分寺の隣町の小金井市を廻ってみたいと思います。小金井市と水との歴史に思いを馳せながら、午前中は真蔵院や小金井公園を廻り、午後は下村湖人の『次郎物語』執筆の場所「浴恩館」を訪れ、小金井の文化財も鑑賞したいと思います。その後、大岡昇平の『武蔵野夫人』を彷彿させるムジナ坂も登ってみたいと思います。最後に野川沿いの路を歩きながら、西念寺、金蔵院を訪れ、最後に黄金の水(宝永六地蔵)でのどを潤し、武蔵小金井駅ゴールを目指したいと思います。

観光スポットは多々あり、すべてを紹介させていただきたいところですが、時間の制約上、その中で厳選しました場所を重点的に回りたいと思います。小金井の新田開発の歴史、桜並木の話し、神社・仏閣も見学し、市立はけの森美術館の裏庭竹林から流れ出る湧水も見学したいと思います。なお、行程は多少坂道があります。全行程は7km。所要時間は4時間半程度。休憩時間は適時とるようにいたします。

         記

1,日時:11月 6日(土 )国分寺駅改札口9:30分集合            

2. 散策コース
スタート:国分寺駅―武蔵小金井駅―真蔵院(古代ハス)―川崎平右衛門供養塔―江戸東京たてもの園―そば処「田吾作」―浴恩館―市立はけの森美術館裏湧水―ムジナ坂(大岡昇平)-小金井神社―小金井小次郎の墓地・庚申塔―金蔵院―黄金の水-ゴ-ル武蔵小金井駅(解散:予定4時頃)、

3.費用:交通費¥280,見学料¥200、食事代3,500円、合計4,000円程度

4. お申込 10月26日(火)までに下記幹事に連絡下さい。
  日置(090-9029-9683, kenhioki-isd.com@jcom.homene.jp)
  中村(090-6245-4968, rsg88285@nifty.com)


 

俳句で楽しむ自粛生活 (国分寺句会「テレワーク句会」活動報告)

俳句で楽しむ自粛生活
(国分寺句会「テレワーク句会」活動報告)

初日の出 光冠(コロナ)真浴びに 受け止めて   安西 篤

国分寺稲門会の俳句同好会「国分寺句会」は発足して七回目の新年を迎えました。
上記の句は、今年の新年句会に出された講師の安西 篤先生の作品です。昨年末以来、東京都の新型コロナ感染者数は日に日に増え続け、新年早々、二度目の緊急事態宣言が出されるという落ち着かない年末年始でした。
「コロナ」は今や「新型コロナウイルス(COVID-19)」の代名詞となりつつありますが、本来は日食の時に肉眼で見ることができる太陽の光冠のことで、「冠」を意味するラテン語が語源です。安西先生の句には、今や世界に猛威を振るうコロナ禍に立ち向かう決意がこめられているように受け取れないでしょうか。

「国分寺句会」は、国分寺稲門会の同好会の中でも比較的新しく、平成26年11月に発足しました。コロナ禍で活動を控えざるをえない同好会が大部分を占める国分寺稲門会のなかで、パソコンやファックスなどを使った在宅通信句会の形式で毎月欠かさず句会を開いて活動を続けております。名付けて「テレワーク句会」始まったのが昨年3月でしたので、今年の2月句会で丁度1年になります。
講師の安西 篤先生には、国分寺稲門会のご縁で昨年5月からご指導をいただいております。テレワーク句会が始まっておりましたので、句会で直接ご指導を受ける機会がまだないのは残念なことです。
安西先生は、平成30年に亡くなられた金子兜太先生のあとを引き継いで、現在、結社「海原(かいげん)」主宰として多忙極まる毎日にもかかわらず、毎月テレワーク句会のために懇切な選評を寄せてくださっております。
会員からは「先生の温かい選評を楽しみに今後も投句を続けさせていただきます」「先生の選評を拝読すると、映像を見ているかのように情景が浮かび、自分では読み解けなかった部分に気付かされることが多い」などの感謝の言葉が寄せられています。
「テレワーク句会では、句会でのやり取りが活字で表現されるので、自粛生活の有り余る時間を使ってじっくりと皆さんの句を選んだり、先生の講評、会員の選評を拝見して俳句の深みを知ることができる。これはテレワーク句会のプラスの部分ではないだろうか」というご意見もありました。まさにその通りではないかと思います。

現在「テレワーク句会」は次のようなスケジュールで行なわれています。
毎月  1日  句会の案内 (当月のお題が知らされます)
   10日  投句締切 (一人3句をパソコンやファックスで幹事に送付)
   12日  投句一覧表の送付(作者名を伏せた一覧表が幹事から送られてくる)
   20日  選句締切 (特選1句 並選4句を選んで幹事に送る。
              特選には各人の選評をつける。
              講師は特選1句 並選6句で、全選句に選評をつける)
   22日  選句結果一覧表と講師・会員の選評一覧表の送付
              (作品ごとの得点表示)

毎月同じことの繰り返しですので、そのうちに飽きが来るのではないかと思われるかもしれませんが、例えば春の場合、2月―初春、3月-仲春、4月-晩春と季節が移り、咲く花も、2月―梅、3月-桃、4月-桜、と変わってきて、季節の変化を追うのに忙しく、退屈する暇もありません。
では、昨年秋・冬のテレワーク句会の作品から「一人一句」をご紹介いたします。

国分寺句会 近詠一人一句 (平成2年 秋・冬の部)

雑炊をすすり非戦を胸深く       黒川 清虚(国分寺)
水郷の街の句碑読む冬隣        赤池 秀夫(国分寺)
湯豆腐や人恋しさとぐいのみと     内田 博司(国分寺)
母在りし遠き昭和の湯婆(たんぽ)かな  清水 星人(国分寺)
暮の秋母の背中の丸みたる       眞宅 泉舟(国分寺)
神の旅御籤に吉の少し増え       舘  爽風(国分寺)
妻癒えぬはや秋茄子の味噌いため   千原 延居(国分寺)
コロナ禍の地球咽せるや冬隣      野部 明敬(国分寺)
真砂女似の女将(おかみ)の捌く寒鮃   吉松 舞九(国分寺)
鏡面に塵なき朝や冬隣         梶原 由紀(国分寺)
混沌はそのままにして小春空      大畠 薫 (清瀬)
染みのある句帳の古び冬隣       押山うた子(武蔵村山)
湯婆(ゆたんぽ)の温もり探す足四本   佐竹茂市郎(立川)
冬の日の憑かれたように手を洗う    中村 憲一(練馬)
樽柿の張りつめし皮朱に満ちて     藤木ひろみ(中野)

◆講師
憂国忌皇帝ダリア首もたげ       安西  篤(国分寺)

                    (吉松峰夫 記)


 

国分寺稲門会「第48回親善ゴルフ大会」を開催(2020年11月16日)

「第48回親善ゴルフ大会」を開催

新型コロナウィルス感染拡大予防のために延期していた「第48回親善ゴルフ大会」を11月16日青梅ゴルフ倶楽部で開催いたしました。
当日は状況が状況のため、6名の参加(写真)と少数精鋭でしたが、秋晴れの中、久しぶりに同好会ゴルフを楽しみました。

  
 結果は優勝:陶久さん、準優勝:久保田さんでした。
次回は、新型コロナウィルスの感染拡大状況にもよりますが、2021年春を予定しております(次回幹事は陶久さん・野部さん)。
感染予防に留意して楽しいゴルフを心掛けたいと思います。開催の際には多くの方のご参加をお待ちしております。

 (記)松村英明


 

第11回「8稲門会麻雀大会」報告

第11回「8稲門会麻雀大会」報告

第11回麻雀大会は令和2年2月15日(土)12時より
会場を武蔵小金井から東村山の麻雀「園」に移して開催した。
メンバーには新たに武蔵野稲門会を迎えて近隣8稲門会(国分寺、小平、東村山、西東京、小金井、清瀬、日野、武蔵野)より5名づつ計40名(10卓)が参加

団体結果は下記の通り。
優勝=西東京、2位=武蔵野、3位=小平、4位=清瀬、
我が国分寺は5位、6位以下は小金井、東村山、日野、
個人結果は下記、
優勝=武蔵野:小此木俊男さん(38法、初参加) 成績は+103、
2位=西東京:岩田さん +98、3位=小平:小川さん+84、

国分寺は、舘さんが4位+73、青木さんが7位+42とかなり健闘したが、廣田さん・中山さん・日置の3名は不運の役満放銃等もあり、いずれもマイナスで足を引っ張る形になった。

今回は、立川稲門会が都合により不参加だったが、次回は9稲門=会計44名(11卓)での対抗戦が予想される。
国分寺・小平・東村山から始まった対抗戦も年々盛大になり、今後は大会運営にも工夫が必要になりそうで嬉しい悲鳴である。
因みに国分寺は第1回と3回は団体・個人共に優勝、第2回は2位と好成績だった。次回の第12回大会では大いに奮起致したい。

日置憲二郎(記)


 

カラオケ同好会 令和2年2月例会報告

カラオケ同好会 令和2年2月例会報告

カラオケ同好会2月例会が寒空の下、7日(金)13時より「シダックス国分寺恋ヶ窪」にて21名が参加し開催された。
先ず清水会長から中国発の新型コロナウイルスの感染と検疫(quarantineは40日間の意味も)にふれた挨拶。
続いて、シダックス恋ヶ窪が3月末をもって閉店になり、カラオケ幹事にて諸事情勘案し、国分寺/国立近辺でベターな新会場探しの経緯を大橋幹事長より資料を配布して説明。第一の候補として国分寺駅北口の「カラオケ歌広場」を選んだ旨を説明。4月3日から移動することが承認された。
続いて例年通り2月恒例の「バレンタインディチョコレートのプレゼント会」で、大橋夫人から抽選で本命7名にモロゾフチョコを、外れた人には義理チョコが贈られた。(女性からの告白で男性にチョコを贈る習慣は日本流とのことで、1936年に神戸のモロゾフがバレンタインチョコを新聞広告)。

今月の誕生日は野部、安藤、久保田(本日7日が誕生日)の3名。バースデイケーキを前に3名の記念撮影とハッピーバースデイを全員で合唱して3名でローソク消し。野部にはモロゾフのチョコレート、安藤・久保田にはペアハンカチセットが贈られ、お三方から答礼があった。
先月、原さんの傘寿のお祝いを失念した為、改めてひと月遅れでご希望のパスと名刺入れセットを贈りお祝いした。
次に染谷の発声でビールを片手に乾杯のあと、今月の歌「冬の星座」「ペチカ」「雪山賛歌」「この町で」を全員で合唱。
そして107号室と106号室(染谷、小野沢、江連、大橋夫妻、日置などのマニア組集結)に分かれカラオケに突入した。

今月は日本酒の差し入れも多く、地酒とバランタイン12年に加えて貴重な北海道石狩のサケとばをあてに、みんな美酒に酔いしれた。長老組の谷口、千原、染谷、黒川はますます元気で熱唱を続け、原もいつものとおりマイクを握り続けた。野部の新曲披露、久保田のプロ並みの歌唱、江連の本格歌唱等で中盤に入ってようやく70代の若手?にマイクが回ってきて大いに盛り上がった。
中締めを17時に行い、その後に残ったのは青木、眞宅、中山、久保田、野部、清水、日置、江連、小野沢、下山の10名。
18時10分、江連のリードで「都の西北」を3番まで合唱して本締めとなった。

出席者:21名。青木壯司、安藤康雄、江連孝雄、大橋忠弘、黒川清知、久保田一輝、清水元、下山登、眞宅康博、谷口和典、舘外博、千原一延、中村俊雄、中山斌雄、野部明敬、原俊男、日置憲二郎、大橋美紀子、田口政澄(東村山稲門会)、染谷嘉男(国分寺三田会)、小野沢純一(国立稲門会)。  以上

 下山登(記)、清水元(補記)


 

第110回国分寺稲門会麻雀大会

第110回国分寺稲門会麻雀大会

第110回国分寺稲門会麻雀大会が、1月23日、国立駅北口の雀荘「北家」にて開催されました。前回同様、16名が参加。熱戦が繰り広げられました。
今回は役満が2度(いずれも四暗刻)も出るという大荒れの展開となりました。結果(3位までの入賞者)は、以下の通りでした。
   優勝  坂本  +249
  準優勝  水落   +98
   3位  阿部   +88
優勝した坂本さんは、3回戦で役満(四暗刻)を上がり、その後も爆発的な勢いで上り、断トツの優勝でした。過去の最高得点記録をみると、100回大会で日置さんが+157で優勝していますが、これを大きく上回る得点でした。
準優勝の水落さん、コンスタントに点数を稼ぎ+98、通常なら優勝でもおかしくない得点ですが、坂本さんにはとても及びませんでした。
阿部さん(東村山)も2回戦で、役満を上がりましたが、残念ながら3位止まりでした。
次回大会は3月18日(水)開催予定です。
また2月15日(土)には恒例の「8地区稲門会麻雀対抗戦」(各稲門会より5名、計40名)が行われます。国分寺稲門会を代表して、廣田、日置、中山、舘、青木の5氏が参加予定しております。
以上
                      (青木 壯司 記)

 


 

カラオケ同好会 2020年1月例会報告

カラオケ同好会 2020年1月例会報告

1月7日(火)13時よりカラオケ同好会がシダックス国分寺において20名が参加して開催された。
冒頭、幹事の清水より「新年おめでとう」の挨拶・大学の近況・本会の生い立ちなどを話し、「会のマンネリ化を避ける意味で更に楽しみな企画を導入したい。会の名称についても「カラオケサロン」などより広く中味のあるいいものがあれば変更したい」との提案があった。
続くイベントでは「昨年1年間12回出席の皆勤賞の大橋・中村・田口・小野沢・清水の5名に表彰状と記念品(例年通りボールペン)を贈呈」(清水は授与する立場で外した)。続いて「11回出席の精勤賞者に表彰状と記念品を贈呈」。精勤賞者は青木・下山・中山・原・松永の5名。さらに今年の干支・ネズミ年の年男:小野沢・下山・眞宅(欠席)に🐁の置物(石鹸)等が贈られた。
そして毎月恒例の誕生月お祝い:1月生まれの原・染谷・小野沢の3名がバースデイケーキの前に座り、原にはハンカチセット、染谷・小野沢には行列のできる吉祥寺小笹の最中と紅茶が贈られた。「ハッピー・バースデイ」を全員で合唱してローソク消しを行い、各人より返礼の挨拶があった。さらに出席者全員には福袋が回覧され、好みのものを受け取った。イベントの最後は全員でビールで乾杯。乾杯の音頭は最長老の谷口が行い喉を潤した。
今月の歌「一月一日」「冬景色」「銀色の道」そして「この町で」を歌い、106・107号室に別れてカラオケに入った。およそ一年ぶりに顔を見せた安藤は張り切って開始1時間前に誰よりも早く着席し、歌も先頭を切って披露した。
いつものように106号室には吉松・日置・染谷・小野沢が移り、後で清水・中山などの歌好きが集合。一方107号室ではあっという間に10曲以上が予約され、集金担当の下山が遅れて選曲したときにはすでに50分待ちくらいになっていた。中でも卒寿組の谷口・黒川・千原はご機嫌で、何曲も披露し年頭から達者なところを見せ元気オーラを放った。全員歌い・飲み(銘酒「都の西北」やブランドスコッチ2本の差し入れもあり)笑い・語り・楽しく和やかに時間が過ぎて17時に中締めとなった。
その後、全員107号室に集結して、懐かしいハワイアン・スタンダード・ビートルズなど英語曲のヒットパレード。最後は青木・久保田・清水・下山・野部・日置・小野沢の7名が残り、年頭らしく校歌「都の西北」を声高らかに歌い19時近くに本締めとなった。

出席者20名:青木壮司、安藤康雄、大橋忠弘、黒川清知、久保田一輝、清水元、下山登、谷口和典、千原一延、中村俊雄、中山斌雄、野部明敬、原俊男、日置憲二郎、吉松峰夫、松永常尚(東村山)、田口政澄(東村山)、染谷嘉男(三田会)、大野正道(府中)、小野沢純一(国立)

   (下山 登(記))

 


 

国分寺サロン「Xmasパーティ」盛会に終了

国分寺サロン「Xmasパーティ」、盛会に終了

恒例の『クリスマスコンサートとティー&ワインパーティ』が盛会に開催されました(下記)。
12月21日(土)14~17時 西国分寺三百年古民家 (於)リトルプレイハウス(西国分寺駅南口)、

会員/家族、知人、近隣稲門会、三田会等64名が参加

ウエルカムドリンクでマテ茶(アルゼンチン国民飲料)を楽しんでいただき、大橋忠弘の進行でパーティー開始。
第一部深山祐国分寺南教会牧師の講話と賛美歌
第二部はアルゼンチン・タンゴ・・コンサート。オルケスタ・デ・タンゴワセダOB/OGの「ロス・ポジートス」による演奏ラ・クンパルシータ等全15曲の熱く、力強い、時に哀愁をおびた演奏と歌に拍手が鳴りやまなかった。
第三部ティー・パーティ。2019年ウバ・クオリティシーズン茶を嗜み乍ら、清水元・田中公子の「紅茶の話あれこれ」のおしゃべり。日本紅茶協会認定シニア・ティー・インストラクターの田中さんの入れる紅茶は流石に美味しい。
第4部はワイン・パーティ。ビンテージワインに杯を重ねて談笑に花が咲いた。
最後は『校歌』の斉唱。そして「紺碧の空」と「若き血」の早慶応援合戦となり、諸江昭雄のエールで本会の更なる発展を誓って解散した。

参加会員:青木壯司夫妻、江連孝雄、大橋忠弘、黒川清知夫妻、舘外博夫妻、清水元、眞宅康博、中村俊雄、中山斌雄、野部明敬、林紀久子、日置憲二郎、増本千明、田中邦子夫人、宮坂寿美子夫人、木村安子母堂、山岸信雄夫妻、
参加客員:大野正道(府中)、大野真美(府中)、井垣 昭(小平)、佐藤俊雄(小平)山本浩(小平)栗原政博夫妻(小平)小野沢純一(国立)、古賀良郎(西東京)、大内一男(東村山)、諸江昭雄(武蔵野)、片岡冬里(武蔵野)久保田貞雄(杉並)猪瀬俊彦夫妻(狭山入間)、石川誠(三田会)、池田敏雄(三田会)塩井勝也(三田会)、井上徹(三田会)、清水靖子(三田会)、鎌谷裕子(三田会)、深山祐他家族、友人。
     (日置憲二郎 記)

写真はクリックすると拡大します(撮影:舘外博)


 

カラオケ同好会(12月6日)

2019年12月カラオケ同好会例会

12月6日(金)午後1時よりカラオケ同好会例会がシダックス恋ヶ窪にて開催された。
冒頭、幹事の清水より稲門会の年末までの行事等の連絡があり誕生祝いに入った。今月の誕生日は大橋で、恒例によりバースデイケーキを前にロウソク消しを行い、happy birthdayを全員で合唱して祝福した。引き続き幹事の下山から誕生日プレゼントを贈り、大橋から一言謝意の挨拶があった。
乾杯の音頭は長老の黒川が行い、ビールを飲みほした。
今月は恒例ミニクリスマスプレゼント交換会を実施。ワンコイン程度(500~1,000円)で各自センスの良い、便利なものなど創意工夫して持ち寄り。幹事にてプレゼントに番号を付け、各自が引いた番号札に適合する製品を夫々に贈った。併せて贈り主からそれぞれギフトを選んだ理由を説明してもらった。
また清水より年初には例年通り年間の皆勤賞/精勤賞を贈る運びで、現在の記憶では大橋、中村、田口等が対象のようで、詳しくは記録を確認するとの報告があった。
今月の歌「ともしび」「ジングルベル」そして「この町で」を歌い107,106に分かれて本番に入った。
106に移動したのは吉松、染谷、小野沢、後から中山、清水も参加したがいつもより少人数であった。107は焼酎・日本酒・ウイスキー・ワインを飲みかつ食べ和気あいあいと熱唱が続き午後5時に中締めとなり三々五々退席。そして残ったのは清水、青木、原、中山、吉松、久保田、下山、小野沢と遅れて到着した日置の9名だった。
最後に校歌「都の西北」を3番まで歌い上げ原の一発締めで午後6時20分にお開きとなった。
*令和2年1月の開催はシダックスの正月価格を外して1月7日(火)になります。(第1金曜ではありません)

出席者:青木荘司、大橋忠弘、黒川清知、久保田一輝、清水元、下山登、舘外博、中村俊雄、中山斌雄、原俊男、日置憲二郎、吉松峰夫、松永常尚(東村山)、田口政澄(東村山)、染谷嘉男(三田会)、小野沢純一(国立)以上16名。

(下山 登(記))


 

町歩きの会:深川探訪

町歩きの会:深川探訪(2019年11月26日)

秋の町歩きの会は、2019年11月26日に15名が参加して開催しました。
今回、歩いた深川(江東区)は、隅田川河口部の東岸地域一帯をさす広域地名です。
徳川家康の江戸入府当時、この地域には大きな付洲・寄洲が形成され、干潟や萱野が広がっていたそうです。家康は摂津国(大阪府)出身の地侍:深川八郎右衛門にこの地の開拓を命じ、彼の姓をとって深川村と名づけました。

我々の町歩きは八郎右衛門が創建しました深川神明宮の見学からスタ-トしました。この日の気温は前日より10℃以上低く、午前中は霧雨が降っていたあいにくの天気でしたが、地下鉄森下駅から門前仲町駅まで10km弱を参加者15人全員が走破できました。
芭蕉記念館―横綱大鵬の大嶽部屋等の相撲部屋街―松平定信の墓所がある霊巖寺―江戸時代の庶民の生活と町並みを再現している深川江戸資料館―豪商紀伊国屋文左衛門の別邸であったと伝わる清澄公園を見学しました。
その後、昼食会場である長寿庵蕎匠へ。そこでは、町歩きの楽しみのひとつのその土地の名物料理、昔は深川の漁師に好まれた賄い飯「深川めし」を食し、その他、一品料理を味わい、美酒にも酔いしれ、和気藹々の時間を過ごすことができました。
昼食後は雨が止み、食後の運動よろしく、法乗院の深川ゑんま堂の巨大な閻魔様を観覧、深川のお不動さんとして名高い深川不動堂をまわり、最終目的地である江戸最大の八幡宮であると共に江戸大相撲の発祥地:富岡八幡宮を見学。境内には相撲関係の横綱力士碑、大関力士碑等がありじっくり見学の時間もとれました。
その後、門前仲町で解散し、無事今年の町歩きの会は終了しました。
往時の江戸を偲ぶ町歩きの一日でした。
最後に芭蕉が陸奥のへの俳諧行脚を志した時の句を記します。「草の戸も住み替わる代ぞ雛の家」

(中村俊雄 記)