国分寺サロン(平成29年12月21日)

国分寺稲門会 第6回国分寺サロン

2017年12月21日(木) 14:00-16:30 築三百年の古民家「りとるぷれいミュージック」にてクリスマスハウスコンサートが昨年に続いて開催された。
参加者は国分寺稲門会会員/家族/友人に近隣の小平稲門会、府中校友会、国分寺三田会より総勢69名でした。
会場は、19世紀のパリで、造形の美しさから室内に置かれ生活を彩る調度品としても価値を高めたグランドピアノが、日本の古民家の室内に実に良くマッチし、内外の名演奏家も好む施設である。

司会は日置憲二郎で、清水会長の挨拶で開会
第1部は、華やかな音色で和音を響かせるピアノの伴奏で、歌うは東京稲門グリークラブのカルテット+1の面々で、素晴しいハーモニーで聴衆を魅了した。ピアノ伴奏はお馴染みの森川由美子先生で、曲目は「君といつまでも」、「アカシアの径」、「武蔵野の雨」、「赤鼻のトナカイ」、「もしもピアノが弾けたなら」、「愛燦燦」、「この街で」と進み、アンコールはグリークラブの愛唱歌「はるかな友へ」で締めた。
第2部Tea break & talkで、世界三大銘茶・ウバのクオリティシーズン茶を飲みながら、清水 元、田中公子の紅茶にまつわる話。 特にご夫人方は興味深く聞かれた。
第3部の“みんなで歌おうコーナーでは、青春時代の懐かしの歌に讃美歌で、「ともしび」、「学生時代」、「この道」、「諸人こぞりて」で、最後は「早稲田の栄光」をグリークラブOBと共に心を込めて歌い上げた。
フィナーレWine Mini Party 。国産ワイン シャトールミエールの本格ワインの赤と白を嗜み、
最後は早稲田大学校歌「都の西北」を 合唱・エール交歓でお開きとした。
帰りには全員にお土産として、紅茶の逸品が贈られた。

   野部(記)

 

ボーリング同好会(2017年12月10日(日))

東大和駅や西武線の沿線から、富士山がきれいに見えました。
今日は稲門会の日なので、遁所真美さんが、そわそわしていました。
大役が待っているのでしよう。

会場の都合もあって、今日が、今年最後の練習会となりました。
来年もよろしくお願いします。

  氏名 Ave. T 1G 2G 3G
岩崎 明 147.3 442 159 160 123
遁所 剛 132.0 396 163 118 115
増本母 110.0 330 112 110 108
良太 109.3 328 136 98 94
遁所真美 101.0 202 112 90  ―
遁所理久 77.7 233 84 80 69

 

岩崎は、スタートは良かったのですが、3Gで失速しました。時々ボールが滑るのが、問題ですね。
遁所剛さんは、前回に続いて・・・と思われたのですが、2Gから失速。でも、この一年はライバルが出来て感謝しています。
増本さんのお母さんは、いいコースに投げていました。スコアも安定していて、AVE110は立派なものです。
良太君は、新しい靴で気分一新。でも、スコアは尻下がり。来年に期待しましょう。
遁所真美さんは、AVE100を超えました。少し疲れたのか、3Gはキャンセル。
理久君は、スペアが2回もありました。投げ方が、段々力強くなっているように思います。

インフルエンザの予報注射をして、冬に備えましょう。

次回は  1月??日(日) に予定して下さい。
8時スタートです。前日は早く寝ましょう。

今後の予定  会場の都合で変化することがあります

(記)岩崎、 (投稿)遁所

 

麻雀同好会(2017年11月18日(木))

 

平成13年に始まった麻雀大会も第97回目を迎え、11月18日(木)11時から、ホームグラウンドの三千院で開催された。
参加者は青木、五十嵐、岩田、北川、小柴、坂本、清水、島崎、舘、中山、日置、廣田、松永、水落、山口、山賀の16名で、東村山、西東京などからの参加もあり盛大でした。
3階の三千院会場・9卓のうち4卓を使い熱戦を展開した。

競技は半チャン5回戦で1回毎に上位順に都度卓を入れ替え、5回戦目は上位者同士の潰し合いになり、トータルの点数によって成績が決まります。
この激戦に勝った者が栄えある優勝者です。
今回の優勝は5回戦中トップ3回の五十嵐さん、準優勝は島崎さんで、激しく追い上げたが最後は及ばなかったようです。
3位は舘さん、BBは山賀さんでした。
会場費、食事代込みの会費制です。大会終了後は、駅前ビル2階の居酒屋で反省と雑談で懇親・交流を深めています。
定例大会とは別に近隣6市稲門会の麻雀大会が年2回開催され、次回は来年2月18日(日)の開催です。
「脳活性化、脳トレ」、「認知症予防」の道具としても我々中年には良薬のようです。
会員皆様のご参加を心待ちにしています。
次回月例会の開催は来年1月になります。

(清水 元 記)